松香洋子の元気ブログ

2018年3月15日

東京国立近代美術館の英語によるインタラクティブ・ガイド募集について

/contents/shop/mpi/news/20180315 東京国立近代美術館.JPG

37日、東京国立近代美術館というところへ行きました!Why?

「私には美術の素養がない。絶対にガイドなんてできるはずがない!」と思って参加してみたら、これが何とも楽しそう!私もやってみようかな、と心が揺れています。

実は、この立派な美術館(東西線、竹橋)の館長さんは、J-SHINE10周年の時に大いにお世話になったあの神代浩さんなのです。おぼえていらっしゃる方も多いでしょう。(写真参照) 当時、文科省の国際課の課長でいらした神代さんは、J-SHINEの意義を深く理解して下さり、各地で10周年記念行事に参加して下さいました。英語でプレゼンもして下さり、熊本では熊モン音頭も一緒に踊って下さった方です。J-SHINEの関係者がどれだけ勇気づけられたかはかりしれません。

このガイド募集について、概略を述べます。

 

1.     とりあえず、金曜日の夜6:30~7:30で実施する。毎週できなくてはならないとかではなく、どのくらいの頻度でできるかは相談できる。 

2.     6人の外国人を1つのグループにして、主に美術館の4階にある近代の日本人画家の絵画を、英語で、3点ガイドする。 

3.     なぜJ-SHINEの関係者の私たちに声をかけて下さったかというと、このガイドのやり方は一方的な説明ではなく、6人のお客様とインタラクティブに接し、日本の美術を、東京を、日本を楽しんでもらうためのもので、英語教育の経験がある人がよく、相手からインタラクティブに引き出せる人がよい、というのが趣旨。

4.     オリンピック東京開催にむけて、ますます国際化する東京の1つの名物にしたいとのこと。

5.     ガイドする絵画については、ガイドブック等が支給されるが、高度な知識が必要なわけではない。絵画が好きとか、美術館が好きな人はさらに良い。

6.     このガイドになるには、応募書類を提出し、面接もクリアする必要がある。

7.     手当は1回につき、4,000円。

 

このインタラクティブ・ガイドに少しでも興味をもった方は、私に連絡してください。次回の追加募集にむけて一緒に考えていきましょう。

 

【編集後記】

 

こちらにご興味のある方は、大変恐縮でございますが

ad@mpi-j.co.jp までご連絡お待ちしております。

大変恐縮ですが「お名前と簡単なプロフィール」などご記載ください。

折り返しご連絡させていただきます。お返事にお時間いただく場合があることを

何卒ご了承ください。


ブログ一覧に戻る

<script type="text/javascript" src="/contents/shop/mpi/js/footer.js"></script>