英語の基礎基本フォニックス - Blended Sound Group

英語の基礎基本フォニックス - Blended Sound Group

混ざり合った音グループ

Murmuring-Vowels rのついた母音

■Murmuring Vowels ルール:

母音にrがつくと、音が混じりあった新しい音になります。うめくような低い力が入った音になるので「うめきの母音」ともいいます。

発音のポイント

母音にrがつくと、音が混ざり合った新しい音になります。うめくような低い力が入った音になるので「うめきの母音」とも言います。

[ar][or][ir][air][ear][wor]

Murmuring-Vowels rのついた母音を子どもに教えるには

【子ども向け】
ar

口の形が最初と最後では違うことに気づかせましょう。思いっきり「アー」と口を縦に大きく開けて声を出させます。そのまま声を出しながら、次第にスローモーションで小さくしていきます。その時、舌に力を入れて「うめき」の音を出すのですが、体で力を込めるイメージを表すといいです。例えば、手を舌になぞらえて、最初は緩やかに前に差し出した手の指を「うめき」に合わせて、ぎゅっと徐々に握るようなジェスチャーを一緒にするといいです。

【子ども向け】
or
口を前に丸く突き出して音を出してから、そのまま舌に徐々に力を入れることを示すジェスチャーをつけるといいです。例えば、手をぎゅっと握ったり、腕を曲げて身体全体に力を込めるなど工夫してみてください。

【子ども向け】
ir
ガール、バースデーなど日本語に外来語として入っている言葉が多いので、日本語っぽい発音になりがちなのがこの音です。日本語と英語を比較しながら練習すると、違いが出せていいです。「ガール、じゃなくて、girl」のようにチャンツにして何度も練習させましょう。また、irの部分を発音する時には、両手の指を口の両側に沿えて長方形のような形を作り、大きく縦に開けないように印象づけるといいです。like a duckとアヒルさんに登場してもらうといいですね。

【子ども向け】
air
2つの音がつながっているので、最初の/e/の口を横に開いて作ってから、唇の力をぬいて小さくして軽くrの音を出すようにさせます。最初の音が、aやaiの音とは異なるので、airを1つの塊の文字群として目で捉えながら音を覚えるようにさせます。

【子ども向け】
ear
このearも、分解してea,やarなどの音が出てこないように、1つの大きな塊として覚えるように練習をさせるといいです。これも文字群を目で捉えながら何度も発音するようにさせましょう。

【子ども向け】
wor
唇をしっかりとすぼめたまま、力を込めて発音するようにさせます。両手指を添えて、口が縦に広がらないように、唇に力がこもっていることを示すジェスチャーをしながら、一緒に言うように練習させます。