どれくらい速く書けるようになった?

TAGAKIシリーズでは、様々なトピックについて、「読む」(音声アプリで発音確認)→「考える」→「書く」(例を見ながらでOK)→「覚えて書く」→発表する→意見交換する(自分から質問を発して開始)を練習しています。

今日はこれら一連のことが、どれくらい速くできるようになったか、各自で試してみました。得手・不得手やトピックにより、各自の所要分数は異なりましたが、それぞれが以前よりも速くできるようになった!と実感できたようです。やはり、継続は力なりなんですね。