英語リズムで内容を楽しみながらする読書

フォニックスのルールを学んで自分で読めるようになることは生徒にとっては大きな出来事です。

ルールを学んだばかりの頃は、文の中の単語の1つ1つの文字を音声化することに夢中です。絵本の絵や内容を楽しむことが二の次になったり、英語らしいイントネーションやリズムは少し壊れ勝ちになってしまうこともしばしばです。(でも、それも学習のステップの1つですが)

今日は、復習も兼ねて自分から読みた~いとリクエストがありました。おもしろい絵を見て、フフフと笑い声が洩れたり、イントネーションに気持ちがあらわれていて、内容を楽しんでいるのがよくわかりました。読書の大きな第一歩は確実に踏み出しているのです!