Here’s our pumpkin!

生徒たちが毎年楽しみにしているハロウィーンの季節がやってきました。今では若者の間でも人気の「イベント」になりましたね。お教室では、絵本を読んでそのルーツに触れたり、ゲームを通じて関連の語彙を学ぶことで、英語を使うよい機会となっています。

そして今日のレッスンから、恒例のパンプキンの種数当てコンテストへの応募が開始されました。生徒は、眺めたり・持ち上げたりして、種の数を予想して用紙に記録します。2週間後のハロウィーン・レッスンでは、各クラス毎に実際の種数に近かった数を予想した生徒(保護者も参加します)にプレゼントが贈られます。ちなみに、昨年は597個でした。さて、今年はいくつでしょうか?