グルグル練習?

テキストはいくつかのユニットで構成されていますが、mpiでは全部のユニットのキーセンテンス(特に練習する主たる文)を毎レッスンでグルグルと「唱える」練習をします。その時に焦点を当てるのは、細かいところの発音や各言葉の意味ではなく、文全体のイントネーションとリズムです。各ユニットに入った時には、生徒たちはキーセンテンスがもう滑らかに言えるようになっているのです!

「子供のための英語で『自己表現ワーク』2」を使用しているこのクラスでのこと、Let’s say the key sentences.と言ってCDを掛けたところ、CDの音声を待たずにどんどん言えて(読めて)いる生徒もいて、ビックリ。フォニックスでは未習のルールの語も読めていたり、色々な方向からのインプットで伸びていっているのですね~。