What’s your name?

はじめての Native hour を体験したレベル0の生徒たち。いつもに比べると、やはり緊張の様子でクラスが始まりましたが、視線を合わせて丁寧に受け答えしてくれる先生の質問をよく聞いて、立派に答えることができました。そして、名前を聞かれて答えるだけではなく、自分から先生にWhat’s your name? と尋ねる場面もあり、感心しました。練習中の会話練習 Thank you./You’re welcome. も、先生が即興でいろいろな状況を作ってくれ、落とし物を拾ってあげたり、ペンを渡してあげたり、と実際に使う良いチャンスとなりました。最後も、元気にご挨拶。次の機会を楽しみに!