フォニックスの基本中の基本

アルファベット学習も終盤に差し掛かり、フォニックス活動が少しずつ始まっているこのクラスでは、どんどん文字に対する興味も出てきて、自分から単語を読もうとしたり、文字を並べて単語にしようとしています。日本語はひらがなを習得すれば、言葉としても文章としても読むこと、書くことができるようになりますが(漢字はまた別ではありますが)英語は、アルファベットが読めてかけても、文字が持つ音を足して単語となることを理解する必要があります。子供たちに向けては簡単に「音の足しさん」と説明しますが、これが理解できると大きな進歩となり、成長を感じられる瞬間です。