フォニックスサウンドカルタ

アルファベットの文字には

名前と音があります。

Aの名前は エイ、 音は ア、

Bの名前は ビー、 音は ブ、

(ほんとはカタカナでは表せないのですが)

 

今日は、先生が言う音の文字を

ハエたたきでタッチする

フォニックスサウンドカルタをやりました。

ブと聞こえたら、Bをタッチするわけです。

 

手でさわるより

ハエたたきを使うと、ぐっと盛り上がり

生徒たちは、なんどもなんどもやりたがります。

 

それぞれの文字の、音がきちんと認識できて

自分でも言えるようになるのが、英語を読めるようになる基礎力となります。