早く読むチャレンジ

●「読める」から「もっと早く読みたい!」へ

フォニックス学習も終わりに近づいてきたレベル4のクラス。テキストの最後のユニットは「Murmuring Vowels」(うめきの母音!?)です。

ar, or, ir, earなどの音を出すべく、みんな唇や舌を意識的に動かして口のエクササイズに努めした。そして、単語も上手に読めるようになりました。

さて、その次は読みの速度に挑戦です。何故かみんなこのアクティビティが大好きなのです。よっしゃ!とばかりに手をあげて挑戦します。自分のタイムを縮めるべく何度も挑戦したくなるようで、One more time, please!との声が響きました。