ネイティヴのゲストアワーでパワー全開

今日はネイティヴのゲストの先生と一緒に楽しいレッスン。

先生からの質問も、ものおじせず、いつもより元気良く、がんばって答えていました。

スラスラ答えられないときでも、なんとかジェスチャーをまじえて伝えようとしていました。

 

コミュニケーションの70%は、言葉によらないもの(ジェスチャー、顔の表情、絵を描く、実物を見

せる、声の調子など)で、実際の言葉は30%くらいしか占めないそうです。

なんとか伝えようとする態度を養うことも

英語のコミュニケーターになるための、大切な要素なのです。

 

また

先生の言う単語を、アルファベット文字カードを組み合わせて、つづりを作るゲームは

とても盛り上がり、もっとやりたい!と生徒からリクエスト。

まだ習っていない単語でチャレンジしましたが、がんばって、

ゲストの先生の口元を必死で見ながら取り組んで、完成!!

失敗を恐れずに取り組む態度は立派でした。