新しい登場人物

フォニックスリーダーとして読み進めてきた Building Blocks Libray (BBL) シリーズも レベル4からは多読の入り口、読み物としての要素がまた楽しみとなっています。レベル0では、小さかった登場人物達が成長し、学校生活を楽しんでいる様子が自分たちの毎日と重なる部分もあるようですし、また外国ならではの様子に興味もそそられている様子。そして、今回は転校生が新しい仲間として加わりました。早速、歓迎のサプライズパーティで・・・何かが起こる?

書けるかな?

コミュニケーションテストが終わった後は学んだフォニックスを使って書き取り力だめし!

全員から手が上がって、全員正解!!

良く出来ました!

テストもおもしろい?!

今日は、フォニックスステージのクラスもテストを受けました。今年これまで学んだルールの語を聞いて、綴りを書いたり、指定された本を先生の前でひとりずつ読みました。いつもとは異なる座り方で1人ずつ果敢に挑戦!これも何だかおもしろい、と楽し気な生徒たち、逞しかったです。みんな大健闘しました。

コミュニケーションテスト実施

きょうは、レベル2のクラスレベル6のクラスの

コミュニケーションテストを実施しました。

レベル6のクラスの実施内容の一つに

多読教材の音読があります。

CDに合わせて、よいリズム、イントネーション、発音で

音読も練習しています。

1冊をそれぞれ担当を振り分けて、全員で順番に音読しました。

担当のページの内容に関して、先生が質問もして

それにも答えました。

みんな、よく理解して、質問にも答えていました。

日本語を介さなくても、内容理解ができるのですよね。

alphabet 大文字読み

レベル0のクラスでも、Skybook を使って Alphabet に親しんでいます。♪Alphabet song はみんなに大人気で、文字の一つ飛ばし、二つ飛ばしと少しずつ難しくなってきましたが、新しいチャレンジをしながら元気いっぱい歌っています。メロディをつけずに、一つずつの文字をはっきり発音することも上手になりました。

今日は、ひとりずつ順番通りではなくカードを見ながら文字を読んでみました。順番を待っている間に、絵本のActivity Book の色塗りも楽しみました。頑張ったね!

英語の母音は新しい!

休会後に復帰した生徒のために、フォニックスの復習をしています。読める語や文は既にたくさんありますが、時々こんがらがってしまうのは、やはり母音です。特に短母音は日本語の音だけで発音していると、違う語なのに同じ発音になってしまう語も結構あるからです。そこで、今日は耳をそばだてて聞き分けをしたり、口の開け方に気を配って発音をする訓練!をたくさんしました。

次第に口が滑らかに動くようになってきて、すっかり練習が楽しくなったのでした!

TAGAKI 復習中

TAGAKI のテキストは、それぞれ自分のペースでやりたいトピックを選び、やりたい分だけ各自のペースで取り組んでいますが、そろそろ新しいテキストへ進めそうなので復習してみました。箱の中から選んだトピック番号について、ノートに書き、スピーチをして、その話題についてクラスのみんなに質問をする。約20分程度の時間でしたが、それぞれ3つのトピックを終了することができ、書く時間はとても早くなったと手応えを感じたようです。

どれくらい速く書けるようになった?

TAGAKIシリーズでは、様々なトピックについて、「読む」(音声アプリで発音確認)→「考える」→「書く」(例を見ながらでOK)→「覚えて書く」→発表する→意見交換する(自分から質問を発して開始)を練習しています。

今日はこれら一連のことが、どれくらい速くできるようになったか、各自で試してみました。得手・不得手やトピックにより、各自の所要分数は異なりましたが、それぞれが以前よりも速くできるようになった!と実感できたようです。やはり、継続は力なりなんですね。

 

コミュニケーションテスト予告

来週は、コミュニケーションテストを行います。

TAGAKIも使ってやります。

いままでレッスンでやったユニットのうち

10ユニットを選び、くじで1ユニットを選んで、

そのタイトルに関して、自分の意見の文章を書き、

見ないで発表します。そして、ほかの生徒に質問もします。

さあ、どのくらいできるでしょうか。楽しみです。

A Trip to Grandma’s House

新しい絵本のDVDをくいいるように見てていた生徒達。自分の絵本を開いてじっくり眺める。そして、お話の鍵になる頼もしいなかま Shapes! 困った場面に出くわすと、いつも機転を利かせてクマの家族を助けてくれます。

さて、目の前にある いろいろな形カード、種類ごとに分けてみようね。