恒例のpumpkin 種当てコンテスト

Happy Halloween!

 

本部校では毎年、この Halloween の時期は大きなオレンジ色のパンプキンを飾っています。そして、中にはいくつ種があるかをみんなで予想して楽しんでいます。Halloween Lesson が始まる日に、目、鼻口をカービングして顔を作り、中から種を取り出して数えます。その様子の写真をご紹介します。

さて、今年はいくつあったのでしょうか?

どの本を読もうかな?

低学年の生徒たちも、お教室の貸し出し図書に興味津々。レッスン前に、あれこれ手にとって吟味しています。選ぶのが楽しくて、レッスン開始時間を伝えても、本棚からなかなか離れられず・・・。お友達が読み終わった本を見て、次はこれにしよう、と思うことも多いようです。そして、男子に人気があるのは仕掛け絵本のようです。

英語の語感をそだてる

フォニックスのテキストの中で

リズムよく単語を読んでいくページがあります。

よく見ると、最後の2つの文字と音が同じです。

これらの単語をリズムよく読んでみると

なんだかとってもおもしろくて、ここちよくて

もっと読みたい気持ちになります。

きょうはクラスの全員で、

このページをリズムよく声に出して読みました。

 

 

インタビューしたり、されたりして会話を楽しむ

会話運びを続けていくには、相手の返答にあいづちを打つだけではなく、さらに発展させる質問をしたり、自分の気持ちや意見を伝えて相手にも興味を持ってもらうことが大切です。

会話の発展に役立つ語彙を学んでそれが意識的に使えるようになるには、やはりある程度の年齢に達しないと無理なのかもしれません。中学生クラスでは、それができるようになってくるので会話練習が楽しみです。今日のテーマは、自分が勧める映画や本でした。

インタビューする側とされる側に交代でなって、質問し合いました。アニメあり、太宰治の本だったり、普段の印象とは異なる意外な発言が聞けて興味深いものでした。

 

CDをいっぱい聞こう、めざせ年間200時間!

どの生徒さんも、宿題として、CDをたくさん聞いてまねする練習を

することになっています。

年間目標時間は、200時間。

4月からまだ6ヶ月しかたっていませんが

すでに目標の200時間に達した生徒さんたちもあります。

まずは、英語のシャワーを浴びるように

たくさん聞くことが必要です。

聞く→自分のなかに取り込む→自分の言葉として発信する

この順序をたどります。

そしてクラスの壁には、

200時間をゴールとして、太陽系の惑星の絵が貼ってあり、

数字が増えるとだんだん太陽に近づくように、名札を移動していきます。

がんばれ!

Talk Time

レベル0クラスで使用している The Sky Book シリーズには、会話練習をリズムよく毎回練習するためのチャンツと、各ユニットで一つずつ場面練習ができるようになっています。新しいテキストになり、今までの表現に加え新しい言い方も学び、さっそく初めての生徒同士によるスキット練習をしてみました。

ジェスチャーもつけて、向かい合ったお友達と笑顔で会話我を楽しみました。

キーワードを使って、しっかり覚えよう

レベルが上がって来るのにつれて、少しずつ覚える語彙も増えて文も長くなっていきます。記憶に残こすためにはいろいろな工夫をしていきますが、テキストの例を参考に、自分のことを紹介する文章の1つ1つのの文の中のキーワードを自分で決めて、流れに沿って図式化して描いてみました。

頭の中がすっきりと整理されて、自分の好きな科目、休み時間や放課後にすること、得意なことを紹介する文章がスルスルと出てきました。今後もドンドン積み重ねていって、15以上の文で自己紹介することを目指します。

 

Now let’s sing with gestures!

生徒たちは、いろいろな分野の学習が進むたびにそれぞれのMy Achievement Book (MAB) に記録していきます。例えば、今日はSuperstar Songs 2の歌の発表をして、見ている生徒や先生からOKがでたら、シールをもらってMABの当該箇所に日付を記して貼ります。

この4月からスタートしたクラスですが、途中入会の生徒も含めて、みんなの前に立って発表するのはちょっと恥ずかしいようです。でも、歌詞に合わせて自分なりに考えたジェスチャーをつけて勇気を振り絞って歌いました。

これから回数をこなして、自信をつけていくことでしょう!

長いスピーチに向かって練習スタート!

子供のための英語で自己表現ワーク「Speech Adventure for Kids」シリーズの1を使用している生徒たち、まだユニット2を学習中ですが、ユニットを進むたびに自分について言えることが増えていき、自己表現スピーチも段々長くなっていきます。

各ユニットの「話上手になるポイント」を1つづつクリアーしながらスピーチの発表練習を始めました。まずは、みんなの前に立って発表する前に、それぞれが自分なりに練習に励みました。みんなの元気な声が教室中に響きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんないそがしい?

レベル6では

スピーチ教材で

自分のことをどんどん書いて、話せるように練習します。

きょうのトピックは

My Week

週末には、なにをするのが好き?

と言う質問に対して

『宿題をするのが好き!』 と答えた生徒さんがけっこういました。

みんな学校の宿題が多いのでしょうかね。

好きというより、やらなくてはならないから

ポジティブに、好き!と言い切る?

みんないそがしいのですね。

がんばって!