コミュニケーションテスト、頑張りました!

今週実施のコミュニケーションテストは、どのレベルも4つのセクションからなっていて、ひとりずつ対面方式で行われます。ただし、上の方のレベル(レベル6以上)では、「書」く課題に取り組むセクションでは、その前の「話す」「聞く」「読む」セクションを終えて一旦退出して、また戻って一緒に受けることもあります。

友だちがテストを受けている間は、指示された課題をそれぞれこなします。

レベル2の生徒たちは、今学期はPeanut Butter and Jellyというサンドイッチを楽しく作る工程を描いた絵本を読んでいますが、自分の好きなオリジナル・サンドイッチを描き、テスト終了後に話し合いました。とっても美味しそう!!まだ筆を加えてもっと美味しいものにするようです。

コミュニケーション検定は4技能をチェック!

きょうもコミュニケーション検定がありました。

4技能、リスンング、スピーキング、りーディングはもちろんのこと

TAGAKIを使ったライティングもしっかりと入っています。

普段は、サクサクと進めていけるTAGAKIですが、

こうやってテストをすると、みんな必死で復習してみるようです。

これも、やる気を刺激しますね。

 

個性あふれた音読

今週全てのクラスでコミュニケーションテストが実施されていますが、フォニックス学習が終了したクラスでは、多読教材 Building Blocks Library を読み、内容に関する質問の答える事に挑戦しました。とても立派な音読でした。声色を使っていたり、間を上手に取り臨場感をあおったり、感情表現も見事に表されていたり、本当に素晴らしかったです。

みんなよく練習してきたんだとその努力に拍手!

 

コミュニケーション検定始まる!

今週は、全クラスでコミュニケーション検定を行います。

TAGAKIをやっているクラスは

その内容に関係した、ライティングによるコミュニケーション能力も

チェックされます。

いままでになかった内容で、生徒たちはちょっとドキドキ。

でも、ふだんクラスでやっていることなので

やってみたら、けっこう楽しかったそうです。

 

ひとりでもだいじょうぶ

レベル0 幼児クラスでは、1回のレッスンでたくさんの歌を歌います。最初のご挨拶から、さよならのご挨拶までいろんな歌を、毎回いろいろな形態で歌います。

DVDを見ながら、CDにあわせて、ジェスチャーをつけて、みんなで丸くなって、先生役をやったり、絵を指さしながら歌うこともあります。

そして、ひとりでみんなの前に出て発表のように歌うこともあります。

堂々とジェスチャーも付け、大きな声でしっかりと歌えました。がんばったよね!

インフルエンザには負けないぞ

今年は例年にもまして、乾燥と厳しい寒さの成果インフルエンザが猛威を振るっていますね。本部校にもインフルエンザでのお休み連絡がいくつか届いていますが、このクラスの生徒達はそんな心配無用で、いつも通り元気いっぱい。

歌って踊りながら英会話フレーズを学ぶ、mpi で大人気のシリーズ「英会話たいそう」の「もっと英会話たいそう」は、学ぶ学ぶ表現だけでなく、音楽も、ダンスも一歩上を行くもので、正直、講師には踊るのもリズムを取るのも一苦労だったりするのですが、ノリノリで楽しんでいました。笑顔も最高!

フォニックス学習への準備は着々と

いつもレッスン開始時刻よりも少し早めに到着して準備万端の生徒たち。テーブルの上に置いてあったプリントを見ると、やりたい!と自分から申し出て取り組み始めました。

アルファベットの大文字・小文字を順番に書いたり、順不同になっている大文字を小文字に、小文字を大文字に書き換えたり。自分の名前をローマ字で書いたり。アッと言う間に終わってしまって、次は?との質問がきました。

では、文字の音を聞いたらその文字を書いて、とレッスンにそのまま突入。音の聞き分けも文字への変換もとっても順調です。本格的なフォニックス学習は来年度からですが、もう音の足し算も今学期中にできそうな勢いです。頼もしい2年生たちです

多読おたすけグッズ

Building Blocks Libraryは

レベル0から3までは、フォニックスリーダーで

レベル4から9までは、多読リーダーです。

このクラスでは、レベル4を読んでいますが

フォニックスリーダーの時にも使った、バナフォンを

相変わらず使っています。

かなり早いスピードで読み上げるCDを聞きながら

同じ速さで自分も声を出して読みます。

初めのうちはついていくのが大変ですが

なんどか練習していくと、その速さにも慣れて

ついていけるようになります。

バナフォンを使うと、

集中力も高まります。

フォニックス学んでよかった!と実感する時

今年度(2018年4月)からフォニックス学習を本格的に始めた生徒たち、覚えたフォニックスルールを使っていろいろなものが読めるようになりました。

文字学習を始める前は、耳をダンボのようにして英語を大きな塊として聞いて、英語独特のリズムやイントネーションを身に着けてきました。今度は文字でも確認して、聞き取りにくかった細かいところにも気を配ることができます。

絵本も、単語から短い文へ、そして少しずつ長い文のものが読めるようになってきました。これも文字と音の関係を理解して身に着いてきた証拠ですね。

読めた時の嬉しそうな顔が輝いていました!!

ホワイトボードを使って歌の復習

どんなクラスにも、そして中学年にも人気の1曲 ♪Ten Fat Sausages。いつもは、Pop, Bangと上に下に飛び跳ねて楽しく歌うのですが、今日は趣を変えて、ホワイトボードに絵を描きながら、そしてソーセージの絵を貼ったり、はがしたりしながら歌の内容をお話に見立てて復習しました。幼児さん達は、体を動かすことが大好きですけど、こんなふうにお話のようにして、イメージを膨らませていくのも楽しいですね!