~お子様の一生の宝になる英語力~

mpiイングリッシュスクール本部校は言語(英語)のみならず、コミュニケーションに欠かすことのできないジェスチャー、はっきりとした聞きやすい声で目を合わせて話すなど、異文化交流に役立つ要素を幼時期から段階的に総合的に身につけていきます。

創立当初から実践している「発表教育」もその一つ。学期毎に行われるオープンクラスデイ(保護者の方をお招きするミニ発表会)などを通して、“発表する力”と“人の話を聞く態度”を育みます。レッスンで積み重ねた「小さな成功体験」を、発表という舞台での「大きな成功=大きな達成感」へとつなげます。

♪2018年度新学期開講クラス のご案内♪

たくさんの英語を歌・絵本・会話を通して吸収して、
英語の素地を育てるレベル0と1、音声インプットとフォニックスをバランスよく学ぶレベルMの3つのクラスを2018年4月より新規開校いたします。
少人数制で日本人講師が英語で指導します。幼児から中学3年生まで9年間のカリキュラムで体系的に学習できます。詳しいカリキュラム他は
こちらでご確認いただけます。
2020年の小学校英語教科化まであと2年になりました。幼児から小学校の時に
適切に英語を学んで英語のできる15歳を目指しましょう!
2018年度 新規開校クラス
幼稚園年長クラス レベル0 毎週金曜日 15:45~16:30
小学校低学年(1・2年)クラス レベル1 毎週火曜日 16:40~17:40
小学校中学年(3・4・5年)クラス レベルM 毎週金曜日 17:50~18:50
入会ご希望・ご検討の方は「お問い合わせ」より
ご連絡お願いいたします。
お問い合わせ欄に
①お子様お名前(ふりがな)
②2018年度の学年
のご記入をお願いいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。
電話:03-5302-1651  担当:金子
mpiの9年間カリキュラムにつていはこちらから詳しくご覧いただけます。

卒業の生徒たち、ありがとう!!

Open Class Dayも最終の金曜日。まずは、1時間目のクラスから。

司会も自分たちでしながら、次々に発表していきました。

そして、読んだ絵本の中から好きなものを自分で選んで音読もしましたが、フォニッ

クス学習の前半を終えたこの時点でも自分で読めるものが増えてきたのが嬉しくてた

まらない様子が伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

そして、2時間目は、mpi English School本部校を今日で卒業するレベル9の

生徒たちの最後のオープンクラスデーでした。

日本の文化を自分の意見を交えながら紹介するものから、教育を巡る親子の問題など

をテーマにスピーチしたり、テストとレポートではどちらが生徒のとってよいか

Debateしたりと盛りだくさんのプログラムをこなし、最後は、松香洋子会長からコメ

ントと卒業証書を受け取りました。

「英語のできる15歳」たちに育ってくれた生徒たちに感謝!!

 

いつも通り元気な声が響きました

3学期に学習したことを、総おさらいして保護者の方々に見ていただくOpen Class Day(保護者参観日)。大好きな家族とはいえ、見ている人がいるという状況は、少なからず緊張しますが、このクラスのみんなは、いつも通りの元気良い声ではじけるようなジェスチャーとともに歌い、絵本読みを発表し、自分達で考えたスキットを紹介することができました。

低学年は、保護者の方が一緒の空間にいることが嬉しくてたまらないようで、いつも以上の笑顔で保護者の前に立っていました。頑張って練習してきたことを褒めていただけて良かったね!

新年度も、一つ一つ積み重ねて、立派な発表ができるように頑張りましょうね!

レッスンの一環としての発表

生徒たちにとっては今年3度目の発表の日です。

お家の方を目の前に、最初は少し緊張した面持ちでスタートしましたが、すぐに

いつもの調子を取り戻し、堂々と発表することができました。

レベル1の生徒たちの絵本(Benji=家族全員に遊ぼう!と次々に声を掛けてい

き、、、)の暗唱・音読では、それぞれが登場人物になりきって、気持ちを込めた発

表ができました。ゲストの先生にも褒めていただき、とっても嬉しそう。

レベル6の生徒たちは、中学に進学する区切りのこの時期、将来就きたい職業を紹介

したり、クイズ・グランプリでは、練った質問を出し合って観客も巻き込んだ楽しい

時間を演出していました。

最後に、1年間の努力に対して受け取ったGreat Listener Award や皆勤賞・精金賞の

賞状やプレゼントに笑みがこぼれっぱなしの生徒たちでした!

 

OCD(学年末オープンクラスデイ)

今日は、一年間のレッスンの総まとめの、オープンクラスデイでした。

チャンツを2曲、お互いインタビューしあったり、BBL(フォニックスルールを使っ

て読む絵本)を発表しました。そのとは、フォニックス文字カードを使っていろいろ

なアクティビティーをしました。途中から見学にいらしている保護者の方々にも参

加していただき、生徒たちは大喜びで盛り上がりました。

一年前の、学年末オープンクラスデイを振り返ると

着実にみんなレベルアップしているのが実感されます。

来月からは、また新しいテキストで新たなカリキュラムがはじまります。

 

体を動かすと頭も活性化!?

ある時は、テキストを開いてじっくり読んだり書いたり、またある時は、思いっきり

体を動かしながら口を動かしたりと、メリハリをつけて学ぶことがすっかり定着

してきました。でも、椅子から立つと倍の笑顔が思わずこぼれるようです。リズムに

合わせて意味を体で表現しながら、英語の歌を元気いっぱいに歌いました!

 

自分からすすんで書く

高学年クラスは、フォニックス学習後「自分から読む」姿勢を大切にしていますし、実際、もともと読書の好きなこのクラスでは、楽しんで読んでいる様子も見受けられます。

最近は、書くことにも積極的で、何も見ないで書ける単語が増えてきたこと、書く宿題に慣れてきたこともあり、レッスン中にもスピーチを整理して書いたり、テキストに書いたものを、改めてノートに書きなおしたり、自分で考えた質問をノートに書き記したり、といろいろな場面で、一人一人がノートに向き合っています。大切な時間です。そして、自分で間違いに気づき直す場面も増えてきました。いいね!

 

陣取りゲームpart2

先週に続き、陣取りゲームをまたやりました。

今回は、あまりなじみのない単語カードも加えてみました。

普通にカードを読んでいくより、ゲームの勝敗がかかっていると

必死で読んでくれます。

ゲーム開始前に、文字カードを読む練習をして、

ゲームが終わってから、再度読む練習。

もちろん、終わってからの方がよりスムーズに

読めました。

 

歌で英語の音感を身に着ける

英語の歌を歌って楽しく英語の発音の練習もできるSuperstar Songs。

レベル3クラスは、シリーズその3のテキストを使っていますが、いよいよ最後の曲

Down by the Bayに入りました。ゴスペルのような曲調で思わず体を揺らしたくなって

しまいます。水玉模様の尾っぽのクジラや、髪を櫛でとかしているクマも出てきて

可笑しいこと!!

ライミングしていることばを心地よく口ずさみながら、笑いながら歌いました!

 

スクール全体発表会の効果

会話練習として好きな本について話すトピックで、自分達のクラスでは読んだことがない絵本が紹介されていました。でも、昨年末の全体発表会で、上手に音読をしたクラスがあったので、内容についても馴染みが有り、「読んだことないから知らない」ではなく、楽しく話しをすることができました。

そして、 リズム共催の ♪Mary had a Little Lamb の中の曲として、これもやはり、以前の全体発表会での他のクラスの楽しいパフォーマンスが印象深かったようで、どうしても歌いたい、という強い希望があった ♪ I Know an old lady who swallowed a fly. 食い入るようにDVD画面を見つめ、最初から少し口ずさんでいました。

他のクラスの発表を見ることで得られることには、ほんとうにいろいろな側面があるんだな、と改めて感じたレッスンとなりました。