フォネミックアウェアネス活動で発音もばっちり

♪Twinkle, Twinkle, Little Star、有名な歌ですね。歌自体は、レベル1の生徒にとっては

ちょっと幼すぎるのでしょうか。最初は可愛いジェスチャーを付けるのは気が進まな

い様子でしたが、

twinkle=le→kle→inkle→winkle→twinkleと、お口の体操をしたり、

star car jarをいろいろな順番で並べたものを発音する競争をしたところ、すっかり歌う

こと自体も楽しくなってしまったようです。

自分から、Let me try!と前に出て、可愛いジェスチャーもつけて、CDなしでじょうず

に歌ってくれました。もちろん、発音もばっちりでした!!

 

お互いに教えあうと → お互いに良く理解できる

フォニックスルールを使って書くページをやりました。

グループに分かれて答えを確認して、

どれがあっていて、どれが違っているのか、

各グループで相談しました。

どうしても分からない場合だけ、先生に聞きに来ます。

でも答えは伝えません。ヒントを伝えます。

こうやって、生徒同士でお互いに教えあい、考えあうと、

先生から一方的にチェックしてもらうより

しっかりと覚えていくようです。

 

英語だけで意味を想像する

mpi English Schoolでは、レッスン中は先生も生徒も英語だけで過ごしています。

新しい言葉に出会うと、皆一度はえ~と?と戸惑いの表情を見せることもしばしばで

す。でも、そういう時はWhat? What is it? What do you mean?と生徒たちは聞けばい

いのです。

♪Do you know the muffin man?という歌を今日は歌いました。

その通りにDo you know the muffin man?と聞いたところ、What? No!との答えが返っ

きました。確かに、通りでMuffin売りに出会った経験をした人はいないですね。

日本なら、焼き芋屋さんでしょうか?真似をしてみると、みんな、うんうんと納得。

でも、焼き芋ではなくMuffinが食べたそうでしたが。。。

アルファベット 小文字とフォニックス

大文字学習の結果を見て、いよいよ小文字の学習も始まりました。小文字は、サイズも違うし、似ている字も多いですが、体を使って楽しく練習しています。3つのサイズを、歌いながら体を動かして覚えるのはmpi では、長年大切にしている課程の1つです。今日は、それに加えて小文字の色塗りをしましたが、好きな色で塗るのではなくフォニックス学習の基本となる、3色(母音、子音の無声音音と有声音)で塗り分けてみました。3色の意味の違いを学ぶ日ももうすぐですよ。

Can we play a game?

会話表現を学ぶテキスト「英会話たいそう カードブック1」を一通り終えた

レベル1クラスでは、3学期は総復習をして自分で会話を組み立てて、もっと

自由に使えるように練習します。

復習してみると、よ~く覚えているものとちょっと忘れてしまったものもあり

ました。Can we play a game?という表現がCan you play a game?になっていたり。

再度確認したところで、Can we play a game?と生徒たちからリクエストが出て、

アルファベット大文字でゲームをすることになりました。

でも、ちゃんと表現が使えたのは立派でした!

 

自分の力で読んでみる

フォニックスを学習しているクラスでは

フォニックスのルールを使って読んでいける

BBL(Building Blocks Library) という絵本を読んでいきます。

いくつかのレベルに分かれていますが

この学年ではレベル1Aをレッスンで皆で読んでいます。

でもこのレベル2のセットは

一人一人が自分のペースで、取り組んでいます。

先ず、自分の力だけで読んでみる。ストーリーを想像してみる。

そのあと、CDを良く聞いて、内容を想像しながら

まねをして読んでいく。

ひとりで読めるようになったら、先生に読んできかせる。

各自読めるペースが異なるので、その生徒にあった速度で

進みます。

コミュニケーションはテストでも楽しい!

きょうもコミュニケーション検定をやりました。

レベル1の生徒たちは、初体験。

しっかりと4技能(聞く、言う、読む、書く)をチェック。

1対1のテストは初体験でしたが、みんなリラックス。

堂々とした態度で臨んでくれました。

 

レベル5の生徒たちは、何回目かの体験。

初めはちょっと緊張気味でしたが

だんだんと笑顔が出ました。

コミュニケーションって、テストでもやっぱり楽しいものなのですね。

 

頑張ったことの結果

2学期の最後に行われたスクール合同発表会で、堂々と1冊の絵本を暗唱しました。

冬休みが明けても、みんなリズム良く体ごと覚えていて、大きな声でひとりで発表することができました。いろいろな形がピンチを救ってくれるお話、楽しんだものね。

成果がテストの結果にも反映されていましたよ!

 

テストも楽しい!?

今日は、コミュニケーションテスト・ウィークの2日目でした。

レベルM(中学年スタート1年目クラス)とレベル4(4年生中心継続クラス)が挑戦

しました。

レベルMの生徒たちは初めてなので、最初はかなり緊張気味。

でも最後は、笑顔でThank you!と部屋を後にする余裕も出てきて立派!

レベル4から、スピーチの発表からスタートし、会話、絵本音読、読み・書きと続き

ます。でも、流石は継続生、最初から皆笑顔で元気いっぱいです。

自信を持ってできたことと、忘れてしまったこともわかったりして、結果が今後の糧

に繋がって、更なる成長が期待されます!

 

コミュニケーションテスト実施!

今週は、どのクラスでもいつも学んでいることを、ひとりずつの面接方式でテストが

行われる一週間です。結果は100点満点で表示されて、内容詳細と今後のアドバイスが

記入された証書が発行されます。

試験官はいつもの先生とは異なり、生徒はちょっと緊張しながらも気持ちを引き締め

受験します。

今日は、レベル2(小2中心)とレベル7(中1中心)のクラスで実施されました。

生徒たちは、レベルにより、歌・絵本・会話・聞き取り・読み取りなどの問題に

挑戦しました。

クラスメートと一緒の時とは少し違った様子の生徒たちに、先生たちも新たな発見が

あります。

毎年、生徒一人一人の成長を実感する一週間です!