自分で読めるって楽しい!

フォニックス学習を始めると急にお勉強ぽい雰囲気になりますが、自分の力で「読めた!」と実感できる瞬間、すべての努力が報いられます。教室に到着した生徒から、どんどん絵本を読んでいく活動をしていますが、まだ学習していないルールの単語も読めてしまうから不思議です。これまでの音韻遊びが功を奏しているのでしょうね!

よく聞こえる~

新兵器バナフォンを使っています。お持ちのかたは You are lucky. びっくりするくらいに自分の声がよく聞こえます。そして自分の発音をよ~く確認できます。

レベル6の生徒たちも歌、BBLの読みで使っています。練習の間だけ自分の世界に入り、ますます真剣に読んでいます。

最初はどっきりしますが、使い始めると手放せなくなるようです。ぜひ試してくださいね!

準備

早くも11月を10日も過ぎてしまいましたね。少し前の話になりますが、本部校でも盛り上がったHalloween weekを終えました。ゲストの先生からもらったお菓子、生徒たちはとても喜んでくれましたがその影では先生方でコツコツ準備をしていたのですよ~!


名前を変えて別人に!

会話の練習をする時に、お互いの答えをよく聞くことも必要ですよね。

そして、このクラスのみんなはお互いの答えをちゃんと覚えていてます。

今回のレッスンでは、お互いの答えを推測するアクティビティがテキストにありましたが、

このままでは、ゲームにならないね、ということで、名前のスペルを入れ替えて、

別人になってやってみました。その名前が予想以上に面白くなったので、

名前を呼び合って質問をするときに、いつも以上に楽しくなって、アクティビティも盛り上がりました!

 

 

Keep on talking…

生徒同士で会話をどんどん続けられるようになるにはそれなりの修行がいることです。勿論先生は介入しません。中2ぐらいになるとそれができるようになるのです。ペアーになって途中途切れることなく(5数える間沈黙ができたら終了というルール設定)何分会話を継続できるか測っていたら、際限がなく時間がなくなりこちらから終了の合図を送ることになり嬉しい悲鳴が上がりました。成長したなぁと実感!

I’m the teacher!

今日はわたし、先生をやる!と仲良しの女の子たちが前に出て仕切りはじめました。先生は座ってて、と指示します(笑)。ほかの子も加わって自信いっぱいの歌やジェスチャーの披露をしてくれました。