諸々の事情を乗り越えて1学期終了!

今日も、1学期の締めくくりのオープンクラスデー(保護者参観ミニ発表会)でした。

先週一通り復習して、皆準備万端のはずでした。ところが、暑さのため体調不良を

押してきてくれたA子ちゃん、とても笑顔どころではなく、回りのみんなも心配顔で

スタート。でも最後までしっかりと発表できました。やさしくサポートしたみんなも

立派です。学んだ表現を使ってのお買い物スキットも楽しくできました。

 

 

 

 

 

2時間目のレベル7クラス(中1中心)では、先週は期末試験があったり、宿泊行事で

欠席を余儀なくされた生徒もいて、準備万端とはいかず。でも、レッスン前半で

パワーポイントでスピーチ用のスライドを仕上げてスピーチの練習をしたり、ゲス

トの先生へのインタビューをリハーサルして、発表に臨みました。参観してくださっ

保護者の方からも、It was wonderful! I liked your presentation.とお褒めをコメントを

いただいて、皆ほっと胸をなでおろしました。

夏休みを挟んで、また2週間後にレッスン再開です。そうそう、宿題も忘れずにね!

 

オープンクラスデー

レベル1のクラスは、今日が生まれてはじめてのオープンクラスデー。

歌、会話、アルファベット、絵本といろいろと発表。

初めはちょっと緊張してましたが

だんだんなれてきて、元気いっぱいに発表。

ゲストの先生とも楽しくやりとり。

この第一歩が、大きなステージでの活躍につながります。

 

 

 

 

 

レベル5のクラスは、なんどもオープンクラスデーを体験しているので

いつもと変わらずリラックスして発表。

そして、クラス全員でパートナーをどんどん変えて質問しあう活動を

わきあいあいとできました。

このあと保護者の方々にも参加していただき、

違う質問で同様にやって盛り上がりました。

 

 

1学期の締めくくり、オープンクラスデー

今日は、今学期に学んだことを保護者の方の前で発表するオープンクラスデー

でした。堂々と自信を持って、今自分のできることを発表するのが目標です。

小学生クラスでも、司会進行も自分たちで務めながら、自己紹介・歌・会話・ゲスト

の先生へインタビューなどを行いました。最後は、ゲストの先生とフォニックスのゲ

ームをして楽しみました。頭上の飾りのアルファベットも使って復習するというゲス

トの先生のアイディアで生徒たちは、よりリラックスしたようでした。

中学生クラスでは、自分たちで考えた奇抜なTalk Showに保護者からも笑いが

起こったり、画像を見せながらしたスピーチに大きな拍手が寄せられました。

初めての保護者参観日

4月スタートしたレベル0のクラスで、今週初めての保護者参観が行われました。みんな、緊張する様子も過度に盛り上がることもなく、普段通りの態度で立派にレッスンに最後まで臨みました。アルファベットに親しむために、絵の中に隠れた文字を探す活動を今日は一緒にやっていただきました。割とむずかしく、大人の方が苦戦することが多いのですが、子ども達はどんどん正解を見つけて、お母さんに教えてあげて一緒にやることが新鮮で楽しかった様子でした!

保護者の方には、どんな風にレッスンが行われているのか、体験していただけた良い機会となりました。

皆様、ご協力ありがとうございました!

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

やりた~い! 

Superstar songs シリーズで楽しく英語の歌を覚え、かつ単語を増やしたり、英語特有のリズム、イントネーション、音素や音節なども体を使って学んでいます。宿題としてCDを聞くうちに、まだ未習の歌に触れる時間もあるようで(CDに入っている他の歌を自然と耳にしますよね)どんどん、お気に入りの歌ができているようです。これ歌いた~~~い、とタイトルコールをされ予定より少し早いのですが、練習を始めました。最初から ノリノリで、DVDにあわせて動きながら、英語もしっかり。

好き! のパワーを改めて感じました!

Who took the cookie from the cookie jar?

歌と英語の音遊びを楽しむ「Superstar Songs 2」の中に生徒たちが大好きな

「クッキーを取ったのは誰?」という歌があります。「Maryじゃない?」「違うよ、

Jimmyでしょ?」「いやっ、Tedだよ!」「は~い、僕です。エヘヘ」と次々に

クッキー泥棒を探していく歌です。最初は、I’m Mary! I’m Jimmy! I’m Ted!と

自分たちで役を決めていく生徒たち。次は、本当に誰がクッキー泥棒かわからない

状態で、友だちの誰が盗んだかを推測しながら歌っていきます。(全員カードを引い

て、クッキーの絵が描いてあるカードを引いた人が犯人です。ブランクカードは無

罪!)みんなドキドキしながら推測していきます。この歌の音遊びはというと、Who

me? Yes, you! Not me! Then who?と英語のイントネーションが自然に練習できるの

です。みんな気持ちがこもっていて本当に上手でした!!

気持をこめて絵本を読む

レベル5にもなると

絵本の音読も

リズムやイントネーションや発音に注意するだけでなくて

英語に感情をこめて言うことも練習していきます。

それには、この絵本は適しています。

今日は、宿題で自分の力で読んできたこの物語を

講師の後について、感情をこめて読む練習をしました。

まだまだ感情移入が乏しいところもありますが

なかなかのできでした。

 

Self-introduction

生徒たちは、少し改まった発表をする前や教室に見学者がみえた時には、いつも自己

紹介をします。Hello. My name is ~. I like ~. I can ~.等々自分の言えることを伝えま

す。何度もしていることなので、生徒たちは慣れたものです。

 

でも、このself-introductionということば自体は、低学年の生徒にとっては結構言いに

くいようです。

オープンクラスデーも間近にせまり、自分たちで司会役もすると張り切ったのはいい

のですが、このことばがスラッと出てこず、一苦労!

でも、言えるととっても嬉しそう。ちょっと難しい言葉が言えるようになった達

成感(!?)が得られたのですね~(^^)♬

 

 

 

 

好きな動物を紹介します!

たくさんの動物が出てくる絵本を読んだので、学期最後の発表会では自分の好きな動物を紹介することにしました。低学年クラスでは、絵を描いて紹介することが多いのですが、このクラスでは絵だけではなく、その動物の特徴、住んでいる場所、食べ物なども紹介することにしました。

アクティビティブックや、フォニックスのテキスト、英会話たいそうなども参考に自分で書いて仕上げ、準備が整いました。

英語ビジュアル辞典555

♪ Sally ‘s Wearing a Red Dress という歌を練習しました。色の復習や着ている洋服の単語も練習できる、楽しいメロディーの歌でクラスでも人気です。歌詞の中には、dress, shirt だけなので、自分の着ている物も英語で言ってみよう、と「英語ビジュアル辞典 555」を使って、他の洋服の単語も練習しました。

そして、今日は何色のどんな洋服を着ているのか、自己紹介してみました。