どれくらい速く書けるようになった?

TAGAKIシリーズでは、様々なトピックについて、「読む」(音声アプリで発音確認)→「考える」→「書く」(例を見ながらでOK)→「覚えて書く」→発表する→意見交換する(自分から質問を発して開始)を練習しています。

今日はこれら一連のことが、どれくらい速くできるようになったか、各自で試してみました。得手・不得手やトピックにより、各自の所要分数は異なりましたが、それぞれが以前よりも速くできるようになった!と実感できたようです。やはり、継続は力なりなんですね。

 

コミュニケーションテスト

来週は、コミュニケーションテストを行います。

TAGAKIも使ってやります。

いままでレッスンでやったユニットのうち

10ユニットを選び、くじで1ユニットを選んで、

そのタイトルに関して、自分の意見の文章を書き、

見ないで発表します。そして、ほかの生徒に質問もします。

さあ、どのくらいできるでしょうか。楽しみです。

A Trip to Grandma’s House

新しい絵本のDVDをくいいるように見てていた生徒達。自分の絵本を開いてじっくり眺める。そして、お話の鍵になる頼もしいなかま Shapes! 困った場面に出くわすと、いつも機転を利かせてクマの家族を助けてくれます。

さて、目の前にある いろいろな形カード、種類ごとに分けてみようね。

 

DVDを違う観点から何度も見る

生徒たちは動画が大好きです。登場人物・動物の表情や動作で意味が理屈なく伝わってくるからでしょう。

先ずは、見て・聞いて内容を考えながら、英語全体のリズムやイントネーションを楽しみます。それに合わせて自然に体が動いてくるのがいいですね!

次に、字幕ありのボタンを選んで、画像に合わせて文字を目で追っていきます。も既にフォニックス学習で大分読めるようになっているので、あ~、うんうんと最初はよく聞き取れなかったところにも納得の表情を浮かべる生徒たち。

学習の進度に合わせて、DVDは大活躍です。

 

みずから自習をはじめました

レッスン時間より早く到着した生徒達。一人の生徒が自分でアルファベットドリルを取り出して、自習を始めるとそれを見た他の生徒も、黙々と練習を始めました。

さすがもうすぐ2年生。学習態度が育ってきましたね!嬉しい光景でした。

忘れた時!

英会話たいそう2で、何かを忘れてしまった時のフレーズを練習。そして自分の物を貸してあげる表現も一緒に練習。

I forgot my book. You can use this one.

I forgot my pencil. You can use this one.

I forgot my homework. Don’t worry….????

一斉スキットでしたが、みんな気持ちをこめてスキットできていました!!

正確に言えることも大事!

mpiの生徒たちは、英語を「使う」ことがじょうずです。実際に使う練習をたくさんしているからです。

でも、通じることに慣れてそのことに甘んじていると、正確さには欠けることも出てきます。

今日はヒントになる英語と絵がかかれたカードを使用して、文法的にも正しく言うことを念頭にしっかりと練習しました。

If you were a billionaire, what would you do? 等々。結構大変です。

真剣な面持ちの生徒たちの表情がいいです!

もっと 歌っておどって英会話

「英会話たいそう」の96表現を、歌って踊って覚えた次は

「もっと英会話たいそう」の96表現を同じようにやっていきます。

こちらの歌と踊りは、もっともっとのりがよくて、英語のレベルも高くなります。

でも、歌って踊ってからだを使って、

英語表現を覚えていくのが身についている生徒たちは、

同様に楽しく歌って踊って 英語を覚えていきます。

楽しそうでしょ?

♪Head Shoulders

どのクラスでも大人気の ♪Head Shoulders を練習しています。元気よく、歌に出てくる体の部位に触れながら歌った後、Touching game をしました。最初は、復習もかねて歌に出てくる順番を守り、次に順不同にして、定着度の確認をはかりました。そして、最後は先生役をやってもらい、みんな大興奮。One more time! が続く中、一人三回までと決めての最終回。カメラを構えたのを瞬時に悟ったA君は、しっかりとお茶目なポーズを決めてくれました。

 

英語リズムで内容を楽しみながらする読書

フォニックスのルールを学んで自分で読めるようになることは生徒にとっては大きな出来事です。

ルールを学んだばかりの頃は、文の中の単語の1つ1つの文字を音声化することに夢中です。絵本の絵や内容を楽しむことが二の次になったり、英語らしいイントネーションやリズムは少し壊れ勝ちになってしまうこともしばしばです。(でも、それも学習のステップの1つですが)

今日は、復習も兼ねて自分から読みた~いとリクエストがありました。おもしろい絵を見て、フフフと笑い声が洩れたり、イントネーションに気持ちがあらわれていて、内容を楽しんでいるのがよくわかりました。読書の大きな第一歩は確実に踏み出しているのです!