What time is it?

Superstar sogs 1 の ♪Tick-tock Cuckoo Clock を歌って、時間の言い方を練習しているレベル1のクラス。お教室にある 時計のおもちゃ を使って、お互いに時間を聞いて答える活動がお気に入り。自分で針を動かして時間を合わせることができるのも楽しいし、歌の中にある「鳩時計のなく音」も大好きで、かわいらしく鳴き声を真似していました。

 

We love dansinglish!

歌と踊りが大好きなTomatoクラス。

今日から新しいレッスン(次の曲)に進もうとすると最後にもう一回歌ってからすすみたいとリクエスト。

My sister takes some Karate lessons.

Does she have a black belt?

と長い文を上手に練習しながら踊りもMAXでがんばってました。

講師はついていくのに精一杯。

ダンスの練習もがんばらないといけないかしら。。。

自習でも実力発揮!

レッスンの最後20分は保護者会を開催したので、講師は保護者の方々とお話し。

そして、生徒たちは自習。

多読教材の、Building Blocks Library のなかの1冊を初めて開き、

自分たちだけで音読してもらいました。

はじめての試みなので

どのくらいできるかな?と未知数でしたが

みんなで助け合って、結構声を出して読めていたようです。

挿絵も内容理解の助けになりました。

音読し終わったあと、CDをかけて再び音読。

みんな、結構読めるんだと自信がついたようです。

自分たちだけで何かをやるのって、底力を発揮しますね。

Active learning!

生徒同士の活動がじょうずにできる3年生たちです。英会話表現のたくさん詰まったテキスト「もっと英会話たいそう」を現在使っています。

Do you have any questions? My sister takes karate lessons. My dad loves to cook.等、結構彼にとっては難しい表現も入っているユニットですが、ペアーでポイントしながら互いに教え合うことができました。

生徒たちが、「教えてもらう」から「自ら学ぶ・自分たちでできることは自分たちで学ぶ」へスムーズに移行できるようにこちらも知恵を絞っています!

 

♪Hello song

1か月がたち、レッスンの流れにも、教室英語にも少しずつ慣れてきたレベル0、年長さんクラス。最初に歌う ♪Hello song の歌詞を応用して、生徒同士で Hello, how are you? I’m fine, thank you. とご挨拶も上手にできるようになりました。少しゲーム性お持たせて、クラスのお友達一人の前に立ち、お互いに挨拶を交換したら、座席も変わるというふうに、動く活動も一緒に組み合わせてみました。次はだれに聞こうかな?とお友達の顔を見回している様子をみていると、ここで出会ったクラスのお互いのことを認識し始めた表れでもありますね。これからがますます楽しみです!

 

多読を楽しむ

生徒たちは、Building Blocks Library (BBL)というシリーズ本をフォニックス学習を始めた小学生の時からずっと読んでいます。

BBLのレベルは、レベル0からレベル9まであり、レベル0~3までは、フォニックス絵本で、でてくる単語のつづりは生徒のフォニックス学習の進度に合わせたもので物語もシンプルなものです。レベル4からは、多読本となっていきます。ただし、登場人物は、大河小説のごとく子どもからドンドン成長していき、物語の内容もティーンエージャー向きのものに変わっていきます。

レベル9(中3中心)のクラスでは、BBLレベル8を現在読んでいます。内容的にも共感できることが多いのでしょう。待合スペースでも、生徒同士盛り上がって話していました。内容に引きつけられて、どんどん読み進めていけるようになったのですね。後ろでそっと微笑みながら聞いていました。

 

TAGAKI 学習

今年度から mpi の新しい教材 TAGAKIシリーズに挑戦しているレベル5のクラス。30あるトピックの中から、自分のやりたいものを選び、基本形をもとに紹介されている語彙の中から自分に当てはまるものを選び、書き写しだけでなく自分のものとして書く、見ないで覚えて書く事を練習しています。もちろん、宿題として書いてくることも多いのですが、書いた後は覚えて発表し、クラスのみんなに聞いてもらいます。その発表に感想や意見が出ることもあるし、発表を聞くことでトピックに興味を持ち、次の課題として選んでくる生徒もいてお互いの良い刺激剤ともなっているようです。写真は、発表前に自分の意見を確認しているところです。

I’m a monkey. You’re a monkey.

何気なく歌っている歌には言語のエッセンスがたくさん詰まっています。日本語にはない冠詞や、複数形の名詞、代名詞などもそうですね。

今日は、おサルさんは誰?私も、あなたも、彼/彼女もサルだぁ~、と面白い歌を歌いました。そして、あなたはどんな顔のおサルさんかな?とそれぞれ顔を描くと、happyだったり、angryだったり、みんなで大笑い。I’m happy! You’re angry!と言い合いました。

楽しみながら、自然に英語を覚えている生徒たち。こちらも楽しいです!!

一生ものの、フォニックスアルファベットジングル

今日は、4月29日のフォニックスの日にちなんで

レベル6のクラスでも、フォニックスアルファベットジングルを

クラスのみんなで一人ずつ順番に言うのを

録画しました。

近いうちに、ツイッターやインスタグラムにアップされます。

掛け算九九のように、一度覚えたらずっと忘れないのが

フォニックスアルファベットジングルです。

習ってから3年も経つのに、しっかりと覚えていました。

これがフォニックスの基礎の基礎の基礎となります。

 

フォニックスで歌詞もきっちり!

フォニックス学習が後半に入ったレベル4のクラスです。新しいフォニックスルールを学ぶ度に、そのルールを応用して絵本等を読んできましたが、今日はたまたま「礼儀正しい母音=Polite Vowels」という以前に学んだルールを含んだ単語がたくさん入った歌を歌いました。Rain, rain, go away, come again another day ~

DVDのカラオケをかけたところ、文字を綺麗な発音で追いながらリズムよく歌えました。ルールが定着してきて自然に読めるようになったのですね。

これから雨の多い季節がやってくるので、この歌を歌う機会もきっと多いはず。スパイラルに行きつ戻りつ復習しながら楽しめると思います。