〇〇度が増すと、創造性が上がる!

 

ブログにお立ち寄りくださり

ありがとうございます💕

 

 

=英語力から人間力へ=

 

 

香川県綾川町の

mpi こども英語教室

Miyabi English House

萱原雅代です😊

 

 

316日の学年末発表会に向けて、

各クラス準備に取り掛かっています。

 

 

今年も面白い作品が

続々と出来てきています✨

一緒に考えている私も

とてもワクワクしてきています⸜(*ˊᗜˋ*)⸝✩

 

 

まだ、教室を始めたばかりの頃

ある保護者様がアンケートに

「自己紹介で言う事が

みんな同じなのを

変化させたらいいと思う」と

書いてくださった事がありました。

 

 

その当時、

私はそんな事は難しいと

思っていました。

 

 

今から思い返してみると

その頃は

子供達が「受け身」の授業を提供し

「きっちり教える」ことが良い指導だと

思っていました。

 

 

でも

「ノートを開いて」と言われないと

開けない子ども達

 

 

「ノートにここを書いて」と言わないと

書けない子ども達

 

 

を目の前に

大きな疑問を感じていました。

 

 

「指示しないと動けない」

 

 

これは大きな問題ではないか、と。

 

 

その頃から

子供達が

自分で考え

自分で動けるようになることを

強く意識するようになりました。

 

 

ちょうど

アクティブラーニングという言葉が

教育界で叫ばれ始めたりもしました。

 

 

きっちり教えず

気づき」を与え

子供達が

もっと自ら学びたくなる

 

 

そんなレッスン作りを意識しています。

 

 

実は

 

 

これは簡単そうに見えて

決して簡単ではないんです。

 

 

一斉に、一方通行に教える方が

実はとても簡単だったりします。

(また機会があれば、

そんな事も詳しく書きたいと思います)

 

 

 

さて、話を元に戻すと…

 

 

3月の発表会での高学年の自己紹介は、

私からは何の指示も出さずに

自分が伝えたいことを

自由に書いてもらいました。

 

 

そうやって

自由に書いてもらった自己紹介文を見て

私が感じたこと。

 

 

それは、

 

 

「自由度が増すと

   創造性が上がる」

 

 

という事です。

 

 

例えば、

ある子は、

まだ習っていないところの例文を

自主的に活用して

例文の単語を入れ替え、

さらに、

付け加えたい内容を

プラスして盛って、

文章を書いていました。

 

 

教えなくても、

子どもは環境意欲があれば

自分でできるようになります。

 

 

これからの時代、

与えられたものをこなせるだけでは

生きていけないです。

 

 

Miyabi English Houseは、

これから求められる

自ら学び

自ら考え

自ら産み出す力

を育てます。

 

 

新一年生クラス

募集をスタートしました❗️

ご興味のある方はこちらをご覧ください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾

 

 

=====================================

Miyabi English House

mpiの コミュニケーションのための 子ども英語教室

《香川県 綾川町》

 

新年度 生徒募集中🎵

😊一緒に楽しく英語を学びたい仲間 募集中です😊

=====================================