記事(レポート:小学校英語の現場から)|子供の英語教材、小学校英語、英語教室、指導者資格

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
HOME > 記事 > 学校との信頼関係から始まる英語活動
レポート:小学校英語の現場から
すでに全国小学校の97.1%〈平成19年度文部科学省調査〉2万1220校で何らかの英語活動が行われています。小学校学習指導要領では、「授業の実施に当たっては、ネイティブ・スピーカーの活用に努めるとともに地域の実態に応じて、外国語に堪能な地域の人々の協力を得るなど、指導体制を充実すること」とされています。2011年の高学年の小学校英語必修化に向け、各自治体、学校では様々な取り組みをはじめています。
2011年3月2日
学校との信頼関係から始まる英語活動
〜北海道での取り組み〜
J-SHINE 小学校英語上級認定指導者
北海道英語活動支援グループHEARTメンバー
mpiセミナー会員
柴野 しおり
レポート:小学校英語の現場から
1.支援者になったきっかけ
私の3人の子供たちがお世話になった小学校がすべての始まりです。そこでは学校の企画で年に1度「ゲストティーチャーによる授業」のというのがあり、2000年に娘の担任の先生から英語の授業依頼を初めて受けました。その時は『Hi Bye English』と『Peanut Butter and Jelly』を使ってオールイングリッシュの授業を組み立てました。 毎年その企画で英語の授業をさせていただき、はじめのうちは年に1回でしたが、英語だけ3回になり、5回、10回、と回数が増え、昨年度から5、6年生に20コマの英語活動の支援をさせていただいています。
また、国際理解教育の一環でも、ニ番目の息子のときは雪まつり会場で、「外国のかたにあいさつをしよう」で、事前に数回、『英会話たいそう』を使っての授業に入りました。その後も、三番目の娘で「留学生との交流会」のお手伝いなど、実に長年にわたり様々な英語活動を通して、こちらの小学校とは信頼関係を築かせていただき、現在に至っています。

2.現在の活動状況
2008年からはJ−SHINE認定メンバーによる、「小学校英語活動支援グループHEART」として、札幌市内およびその近郊の小学校での支援を続けています。

支援の基本は、「学校の先生が自立して英語活動の授業運営ができるように支援する」、ということです。あくまでも学校側の希望をうかがったうえで、先生と直接話し合い、全体のプランを立てることから始めています。

授業のかかわり方も、学校によって様々ですが、大きく分けると次の二つです。

(1)始めのうちは1コマHEARTが10行い、それが徐々にHEARTと担任の割合が8:2、7:3と移行していき、担任の割合を増やしていく。
(2)全英語活動のうち、奇数回をHEART、偶数回を担任の先生のように、HEARTの導入を生かして次の回で担任がアクティビティをする流れです。

多くの学校は(1)の形からのスタートが多く、その翌年は、(2)の形へ移行しています。

英語ノートが配布になり、あのLessonの並び順に縛られてしまう学校も実際少なくありません。学校側が立てる年間プランは、きちんと1から順に並んでいます。そんなとき、私たちHEARTがドラえもんがポケットからアイテムを出すかのように、ジャ〜ン!「自己紹介パック!」を提案します。みなさんお馴染みのHi! My name is〜 で始まる自己紹介にfavorite(またはlike)を使って英語ノートの中の様々なLessonに対応できる強力アイテムです。ひと通りの流れをお話し、「ここではLesson5、ここではLesson8と9を、『英会話たいそう』を入れることでLesson1、2もできてしまいます。最終的には、児童が自信を持って英語で自己紹介ができるプランです。」となり、実施の運びとなるわけです。ちなみに、『英会話たいそう』を一度導入された学校は、あの不思議なパワーに取りつかれるようで、必ず翌年度もリクエストがあります。

3.今後の課題
いよいよ2011年度から35時間実施がスタートですが、正直なところ、北海道は学校間の差がかなりあるように見られます。私たちも依頼があれば、できることならどこへでも出向き支援させていただきたいのですが、ここは広い北海道。肝心の必須アイテム、『どこでもドア』を未だ持ち合わせていません。そこで、私たちメンバーで考えたのが、HEART企画のワークショップに全道の小学校の先生たちに来ていただいてはどうか、という案です。現場での支援、というところから視点を変えて、内容のあるワークショップ実現のため、現在、情報収集から始めています。一日も早く、一人でも多くの北海道の小学生たちが楽しく元気に英語活動できるよう、私たちメンバーも勉強の日々が続きます。