記事(レポート:小学校英語の現場から)|子供の英語教材、小学校英語、英語教室、指導者資格

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
HOME > 記事 > 小学校英語メルマガ 小学校英語活動報告
レポート:小学校英語の現場から
すでに全国小学校の97.1%〈平成19年度文部科学省調査〉2万1220校で何らかの英語活動が行われています。小学校学習指導要領では、「授業の実施に当たっては、ネイティブ・スピーカーの活用に努めるとともに地域の実態に応じて、外国語に堪能な地域の人々の協力を得るなど、指導体制を充実すること」とされています。2011年の高学年の小学校英語必修化に向け、各自治体、学校では様々な取り組みをはじめています。
2011年2月2日
小学校英語活動報告
〜心と心のキャッチボールを楽しめる外国語活動を目指して〜
J-SHINE小学校英語上級認定指導者
福岡県朝倉市外国語活動支援者
mpiセミナー会員
井本 美奈
レポート:小学校英語の現場から
1.支援者になったきっかけ
2002年に子供の通う小学校が総合の学習の時間に国際理解教育を取り入れました。そこで 学校の方から英語を教えてくださいと依頼されたのが始まりです。その後 授業の他に 英語クラブも増設され子供たちが英語に親しむ機会が増えていきました。
2006年には 全学年の指導を担うことになりました。

2.現在の活動状況
2009年に朝倉市の小学校にも英語ノートが配布されてからは、全学年で行っていた活動は 高学年だけになりました。現在近辺の小学校からも依頼を受けて4つの小学校の5,6年生の授業を担当しています。各学校とも必修化に向けて 英語活動推進の先生を中心に校内研修など実施して前向きな取り組みをしています。
年度初めには各クラスの先生と必ず年間目標を確認し合います。そこで先生方が言われることは 「児童には 外国語活動を通して英語に親しみながら 自分のことを表現でき 友人のことを理解して コミュニケーションに自信を持てるようになって欲しい」ということです。これは mpiの理念の一つである「Teaching English for Communication」であり 文部科学省の掲げる外国語活動のねらいと同じ方向なのです。では どうすれば具体的な活動に結びつけることができるのでしょうか。そこで 私は 活動内容を考えるときは「心と心のキャッチボールを楽しもう」というテーマを常に念頭においています。朝倉市では「英語ノート」を活用して学習を進めるので 授業案は 担任の先生と単元ごとのねらいを確認し 相談しながら作成しています。
「英語ノート 1」では 年間を通して「英会話たいそう」若しくは「Pam and Ted」を導入しています。毎回 授業で紹介したフレーズを使って3分から5分で グループ毎にスキットを作成し発表します。4月に初めて英語に出会った児童達が10月の文化発表会では 授業中に作ったスキットのいくつかを全校生徒の前で堂々と発表しました。スキットの中には笑いをとるようなおちを盛り込んだものもありました。発表している児童らがとてものびのびしているのを観て 先生方や他の児童たちからも笑いが溢れる素晴らしい発表になりました。発表を機に児童だけでなく担任の先生も外国語活動に自信をもったようです。
「英語ノート 2」では 「やさしい英語で自己紹介―This is Me!」
の特に話し上手になるポイントを活動の要所に取り入れています。児童は相手の話にコメントを言うことを導入するとすぐに使い始めクラスに活気が溢れます。「英語ノート」で提示されている英語表現は2行で終わることがほとんどです。そこに3行目を加えることで児童の表情がぱっと明るくなるのです。

S1:  Can you ride a unicycle?
S2:  Yes, I can.
S1:  That’s great!

その他 mpiのJ-shine講座やセミナーで教えていただいことは 現場で実行して担任の先生にも伝えています。

3.今後の課題
支援者としてここ数年は、必修化に向けて 現場の先生たちが外国語活動を楽しんで取り組めるものだと思えるように努めてきました。コミュニケーション能力の素地を育む活動を通してクラス作りにも良い効果をもたらすと多くの先生方が認識されてこられたことは喜ばしいことです。今後も ねらいの定まった具体的な活動内容を提示していくことが 必要とされています。
世界を担っていく次世代の子供たちの豊かな感性が育つように 大人たちが協力し合いながら現場を支えていくことが大切だと思います。