mpi 小学校外国語(英語)活動サポート事業  2010年 1月 研修・講演実績報告
  月/日 内容 依頼先 担当講師より報告
1 1月 7日 (木) 研修 青森県
三戸地方教育研究所
・寒い霙の降る三戸町の研修。参加者の温かい笑顔に迎えていただき頂きました。
・これから小学校英語をはじめようとされる先生方の参加が多く、「子供が活躍する英語活動」を中心に、コミュニケーションのための英語活動についてお話しました。
・中学校の先生の参加も頂き、今後の三戸町の小中連携された英語活動に生かされることを願います。
・Classroom English では、Phonics Alphabet(フォニックス アルファベット) を紹介して、Teacher Talk の練習を。初めて体験されたPhonicsに先生方は 「Wow!」 でした。

2 1月 8日 (金) 研修 埼玉県比企郡川島町立
伊草小学校
“One more time, please!”とリクエストがでるほど熱心に参加されていました。
1時間半の研修ですっかり英語モードに切り替わり、英語活動を楽しんで頂きました。
3 1月 14日 (木) 研修 青森県五所川原市立
三輪小学校


・「英会話たいそう」を紹介し、全校インプットによる効果、導入方法をお話しました。
初めての英語活動にやや不安を感じられている先生方も、全校インプットの成果については納得していただけたようでした。
  
4 1月 15日 (金) 研修 群馬県
伊勢崎市教育委員会 
北小学校
・校長先生より:
研修を始めたころの先生方の表情と今日の先生方の表情とは全く違いますね。今は、英語活動を実施してきた自信が先生方笑顔に表れています。
・指導主事より:
事業仕分けで「英語ノート」が数年後になくなるかもしれないが、先生にとっても児童にとっても、本があるとないとでは大きく違います。なんとかこれからも続けて欲しいです。
5 1月 16日 (土) JSHINE イーオン主催
J-SHINE講座 (東京)
子どもが活躍する英語活動とは
6 1月 19日 (火) 研修 群馬県
伊勢崎市教育委員会 豊受小学校
校長先生より:
・自分の子ども時代にこういう英語活動をしていたら今頃英語の達人 だったかもしれません。
・是非各学校で 今日の研修で学んだことを実践して経験を増やしていきましょう。
7 1月 21日 (木) 研究授業
5年生
新座市教育委員会
池田小学校
・研究授業は、「英語ノート」と 「This is Me! 」をうまく組み合わせて、高学年の知的好奇心に応える指導内容でした。
・高学年の子どもたちが積極的に活動する姿も印象的でした。

8 1月 22日 (金) 研修 伊勢崎市教育委員会 赤堀公民館 先生より:
・「英語ノート」を使っていてうまくいくときと、音声が早すぎてうまく使えないときがあります。
・数年後に「英語ノート」がなくなるらしいので、心配です。
9 1月 25日 (月) 研究授業
1年生
埼玉県
新座市教育委員会
陣屋小学校
「Wiggle Book」のDVDを見ながら、子供たちが足ぶみをして教室の中のものをポインティングしている様子はとても微笑ましく、かわいらしかったです。みんな、きちんと正しいものを指し示すことができていました。

10 1月 26日 (火) 研修 群馬県
伊勢崎市教育委員会 境采女小学校
・先生より:
研修に来るたび、活動のアイデアが増え、教室英語の確認もでき楽しく学ぶことができました。
・貸し出し用教材を返してくださる時その先生は“Here you are!”と 笑顔で言ってくださいました。
ことばは使って覚えていく、を実践してくださいました。
11 1月 29日 (金) 研修 群馬県
伊勢崎市教育委員会 宮郷第二小学校
校長先生より:
最近は先生方が自信を持って英語活動をしています。この研修でさらに自信を深めることができるよう頑張ってほしいです。
12 1月 30日 (土) JSHINE JSHINE主催
フォーローアップ研修講座 特別資格認定講座(福岡)
・「英語ノート」の使い方 を学ぶ
・小学校英語活動の基礎
13 1月 31日 (日) 講演会
児童英語
教師指導力アップ講座 
株式会社アルク     「もう一歩先へ!子ども英語先生 」
・海外の英語教育と日本の小学校での英語活動との違い。
・小学校での英語必修化に向けて民間の英語教室の役割について