MPI 小学校外国語(英語)活動サポート事業  2009年7月 研修・講演実績報告
    ツキ/ 依頼先イライサキ 内容ナイヨウ 担当タントウ講師コウシよりの報告ホウコク
2   7月 1日 (水) 杉並区スギナミクリツ高井戸タカイド第二ダイニ小学校ショウガッコウ 研究授業
6ネンセイ
担任主導で楽しく明るい授業を参観。担任のみでも英語活動ができることを証明する、お手本のような授業でした。
Teacher Talkを増やせば完璧です
3   7月 2日 (木) 新座市教育委員会/第六中学校 研究授業
チュウ1
・研究授業では生徒たちが生き生きと活動する様子が見られ、小学校からの積み重ねの成果を実感。 英語だけの授業に全く抵抗が無い様子。
・指導者二人のチームワークもよかった
5   7月 2日 (木) 伊勢崎市教育委員会 研修 参加サンカ先生センセイより:
・英語活動に慣れてきて気づいたことは、やはり高学年が英語活動に消極的で低・中学年のようにうまく進まない。高学年が積極的に参加してくれる活動をもっと教えてほしい。
・MPIは、英語ノートの研究が進んでいるので参考にさせていただいている。改良のためにどんどん意見を発信していっていただきたい。
6   7月 3日 (金) 伊勢崎市教育委員会 研修 ・Up, Down, Catch!は、すぐにできて楽しいゲームなので、会場が盛り上がる。リーダー役をしてもらったALTも嬉しそうに指示を出していた。もちろん子供たちも楽しくやってくれるだろう。
7   7月 4日 (土) オプネット英語学院 J-SHINE
フォローアップ講座コウザ
「英語ノート」の効果的な使い方
8   7月 6日 (月) 新座市教育委員会/新座小学校 研究授業
1年生ネンセイ
<英語は見て、聞いて覚える>
今回の1年生の授業では、見学していた先生方から、「子供たちには日本語を教えなくても意味が分かっているように見えたのですが、日本語はオシえていないのですか。」という質問が出ました。1年生ネンセイのHRT,EETとも「日本語の説明はせず、すべて、見て、聞いてまねすることで理解しています。」とお答えになり、英語だけでも十分意味が伝わることを実証してくださいました。
9   7月 7日 (火) 新座市教育委員会/西堀小学校 研究授業
3年生ネンセイ
全校インプットは火曜の朝 10分
「英会話たいそう」ビデオ視聴し、さらに月、火、水、木曜日の2時間目後の20分休みに5分間に「英会話たいそう」の音楽が流れる。
十分なインプットで3年生で「英会話たいそう」の表現を使いEETとスピードのある会話ができている。 
11   7月 7日 (火) 伊勢崎市教育委員会 研修
境島村公民館にて
参加サンカ先生センセイより:
・JTEの方々にもっといっぱい発話していただいて、担任は児童ジドウと共に活動していくことが大事であることがよくわかった。
・「Pam&Ted」は、大変良い教材なので活用していきたい。
・「英語ノート」全てこなそうと思わずに活用するようにしていきたい。
12   7月 7日 (火) 伊勢崎市教育委員会 研修
豊受公民館 にて
校長先生から:
・今日、研修に来て本当によかったと先生方が思っているでしょう。
日ごろから「よく聞く」ということの大切さがよくわかりました。
先生から:
・一度歌ったり言ったりした歌やチャンツを忘れた頃にまたやってみるのも 効果があるのですね。自信をつけさせることにもなりますね。
・ジェスチャーをつけることで長いと感じる質問文も結構えるものですね。
13   7月 7日 (火) 鳥羽トバ市教育委員会 鳥羽トバ小学校ショウガッコウ モデル授業ジュギョウ
研修
参加サンカ先生センセイより:
・ 高学年で英語に苦手意識を持っている子ども達がいるが、子どもたちが理解できる授業内容にすることやほめてあげることで、自分から積極的に取り組めることが出来るんだとわかった。
・クラスで一番おとなしい女の子がみんなの前で発表していた。                                          
15   7月 9日 (木) 伊勢崎市教育委員会 研修 ・継続と繰り返しの研修で先生方が英語活動研修といっても構えることなく、自主的に参加してくださるようになった。
・担任が楽しく英語活動をすることで児童も英語活動が楽しいと言ってくれるようになったようだ。
16   7月 10日 (金) 鳥羽市教育委員会 答志小学校 モデル授業ジュギョウ
研修
「英会話たいそう」の最後のスキット発表では、子どもたちが積極的に自分から手を挙げて前に出て発表していた。最初は恥ずかしそうにしていた子どもや反応が出にくかった子どもたちも自分から進んで発表していた。
17 × 7月 11日 (土) イーオン主催シュサイJ-SHINE講座コウザ 東京トウキョウ J-SHINE講座コウザ 子供コドモが活躍する外国ガイコク(英語)活動とは
18 7月 13日 (ゲツ) 新座市教育委員会/シン堀小学校 研究授業
5年生ネンセイ
・各学年ごとのカリュキラムに沿った学年インプットを週に一回しているが、適切なインプットは子どもたちの自信に満ちた、アウトプットにつながっていく。
・担任の先生センセイも昨年はわずかの教室英語だけだったそうだが、その勉強されて、本来の子ども達との自然なやりとりが英語でもできる時間が持てた、とのことだった。
19 7月 16日 (モク) 東村山市立ヒガシムラヤマシリツミナミダイ小学校 研修 参加サンカ先生センセイより:
・今回の研修で担任主導の英語活動のありかたが授業のながれにそって、わかった。今までの研修はアクティビティを教えてもらうだけで、それをどのように活用すればいいのかわからなかった。今回の研修によって授業ジュギョウに積極的に関わるきっかけになったとオモう。
・担任主導の英語活動のありかたを確認カクニンできた。
20   7月 18日 (土) 聖学院大学 小学校ショウガッコウ英語エイゴ指導者シドウシャ養成ヨウセイ講座コウザ 「『英語ノート』の活用術 
―こうして使いたい『英語ノート』―」
22   7月 21日 (火) 板橋区立志村第二小学校 研修ケンシュウ 英語が苦手な先生方も教室英語を使って体験していくうちに研修後半ではさっと言える 教室英語が増え、自信をもっていただけたようだった。

23 7月 21日 () 東村山市立ヒガシムラヤマシリツミナミダイ小学校 研修 ・なぜ、インプット活動が重要なのか?から始め、実際にチャンツや絵本を体験していただいた。
・歌・チャンツなどのアクティビティ練習も積極的にされていた。
今回コンカイ研修ケンシュウトオして、英語活動のスタート準備が整えられたこととオモう。
25   7月 22日 (水) 渋谷区教育センター 研修 「英会話たいそう」や「バナナチャンツ」を始めて体験された先生に、
「目から鱗がおちる」ような衝撃を受けた、「これは楽しい!」とのコメントをいただきました。


       
26   7月 22日 (水) 埼玉県鷲宮町 桜田小学校 研修 ・歌やアクティビティには熱心に参加してくださった。ALTも熱心ネッシン参加サンカ
・英語特有のリズムを学ぶのにウタ・チャンツははとても効果的。歌を通していろいろな表現も導入できるということを感じ取ってくださったと思う。
27   7月 22日 (水) 杉並区立三谷小学校 モデル授業ジュギョウ
研修ケンシュウ
・モデル授業はとても楽しそうに児童ジドウヤクになった先生センセイたちが参加してくださいました。
・TTの実習のときも積極的に行ってくださいました。
・いよいよ英語活動が本格化するという覚悟を感じました。楽しい英語活動実践に向けて学校ガッコウ全体ゼンタイで着実に準備されている様子ヨウスウカガえた。
28   7月 23日 (木) 熊谷市教育委員会  研修 参加サンカ先生センセイより:
・担任の役割が結構あるし、子供たちをリーダーにして活躍させるアイデアがとてもよいですね。これなら(自分でも)英語活動できそうです。
・活動中は笑顔や冗談を言う気持ちを忘れてはいけないということを改めて感じさせてもらえる研修でした。(中学教諭より)
29   7月 23日 (木) 渋谷区教育センター 研修 「Songs & Chants 2 」 #1 Hello Songの歌詞を一行ずつ各先生に担当していただき、振り付けをしていただきました。各リーダーの振り付けを他の参加者が真似し、時には大笑いしながら タノしく踊りました。
33   7月 28日 (火) 魚沼市学習指導センター 研修 参加サンカ先生センセイより:
・教師自身が楽しむことが大切なことだとわかった。
・苦手意識のある英語活動を楽しく研修でき、英語活動に取り組もうと思えた。
・挨拶や歌など実際に声に出して、ジェスチャーする活動が楽しく自ら取り組んでいきたい。

    7月 28日 (火) 鶴田町英語活動推進委員会
鶴田町立菖蒲川小学校
研修ケンシュウ ・MPI指導案を使用して4年目の鶴田町です。先生方の研修も熱心に行われていました。
・小学校、中学校連携をかんがえて、中学校の先生が研修に参加して、今後の指導のあり方を真剣に考えている様子が大変心強かった。
34   7月 29日 (水) 長野県安曇野市教育委員会 研修 ・小学校の先生に、MPIの教材を使ったさまざまな活動を体験していただきました。特に「Coconut Song」 は大好評で、さっそく 「Songs and Chants」 のCDを購入してくださる方もいらっしゃいました。

35   7月 29日 (水) 国立市立第三小学校 研修 ・5、6年のみが英語ノートを使ってスタートさせているとのこと。5、6年担任の先生センセイカタ真剣シンケンそのもの、学年ガクネンの先生は楽しく元気に研修ケンシュウに参加されているようだった。 
・ALTにマカせるのではなく、担任主導の活動カツドウができるように研修を重ねているそうだ。
36   7月 30日 (木) 春日部市教育委員会 研修
低・中学年対象の歌・チャンツ、ゲーム
・あいさつのカツドウとして「その日の気分を、ジェスチャーとともに」というテーマで行った(Talk to Three)。 参加者が相手を見つけては、楽しそうにコミュニケーション活動をされていた。

37   7月 31日 (金) 春日部市教育委員会 研修
高学年対象 歌・チャンツ、ゲーム、
英語ノート関連の活動
全員が国旗カードを持って、“I'm from ~“ と言っていろんな人と会話するゲームは自分が外国人になったかのような疑似体験ができて盛り上がりました。