クイズで英語のリズム、発音、表現が身につく!『クイズでチャンツ』|小学校英語と英語教材、指導者資格はmpi

英語と子どもニュース
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
 
HOME > 英語と子どもニュースTOP > クイズで英語のリズム、発音、表現が身につく!『クイズでチャンツ』
新着の記事
2011年8月2日
クイズで英語のリズム、発音、表現が身につく!『クイズでチャンツ』
mpi関東甲信越エリアマネージャー
mpi教育アドバイザー
堀内洋子
レポート:小学校英語の現場から

『クイズでチャンツ』は、子どもが大好きなクイズ形式で、語彙を増やし会話を学べる英語教材です。幼児から小学校高学年まで、英語教室でも小学校でもご家庭でも、楽しんで英語が学べます。『クイズでチャンツ』の特徴やお薦めの活用例を、mpi教育アドバイザーの堀内洋子がご紹介します。

レポート:小学校英語の現場から

「102問のクイズに答えて図書カードをもらおう!」
>>キャンペーンの詳細はこちら
クイズでチャンツ

レポート:小学校英語の現場から

クイズを楽しみながら英語が身に付く

クイズでチャンツ』は、子ども達の大好きなクイズをチャンツにした教材です。付属CDのチャンツのリズムに乗って、楽しくクイズに答えながら、英語のリズム、イントネーション、発音、表現が身につきます。「チャンツ」とは、メロディーのない歌のようなもので、聴いて口に出してまねすることで、英語独特のリズムや発音、表現がインプットされていきます。

クイズでチャンツ』には、色、動物の鳴き声、算数、食べ物などの10のカテゴリーで102問のクイズが入っています。それぞれのページのHints欄で答えに必要な語彙が示されていて、クイズに無理なく答えられます。最初はCDを聞いてテキストの順番通りに答えていくとよいでしょう。慣れてきたら、CDプレイヤーでランダム再生をして、子どものチャレンジ精神をくすぐれば、飽きることなく繰り返し練習でき、英語をインプットできます。

レッスン最初のウォーミングアップにぴったりです。さらに、その日のレッスンで教える内容と組み合わせて使うと効果的です。民間の英語教室でも、小学校でも、ご家庭でも、いつでもどこでもすぐに楽しめる英語教材です。

【Contents】
クイズ1  何色かあてよう
クイズ2  動物の鳴き声をあてよう
クイズ3  やさしい算数をして答えをあてよう
クイズ4  食べているものをあてよう
クイズ5  反対のことばをあてよう
クイズ6  英会話のいい方をあてよう
クイズ7  国の名前のはじめの文字をあてよう
クイズ8  身につけるものをあてよう
クイズ9  いくつあるかあてよう
クイズ10 行事のある月をあてよう
<クイズ102問にチャレンジ>

ウォーミングアップにも、発展的活動にも使える

英語教室での活用例をご紹介します。

<レッスンでの使い方>
・ウォーミングアップで『クイズでチャンツ』を使うことで、子ども達が英語のリズムに切り替わりやすくなります。
・まずテキストを見せずに、CDをかけて、10問を聞きます。わからなかったり、答えられなかったりしても、途中で止めずに10問を聞きます。次に、テキストを開いて、質問と答えのHintsを確かめます。そしてもう一度CDを聞き、答えにチャレンジします。
・すでに終えたところはランダム再生にチャレンジするのもよいです。

<レッスンアイディア>
・ペアになって、一人がテキストを見ながらクイズをいい、もう一人はテキストを見ないで答えを言います。
・クラスの中で、一人がテキストを見てクイズを出し、他の生徒はテキストを見ないで答えを言います。リーダー役は順番に交代します。

<お薦め活用例>
『英語ビジュアル辞典555』と併用すると、以下のような発展的な活動ができます。
1. 色あてクイズを『英語ビジュアル辞典555』のIce Creamでやってみる。
2. 算数のクイズができたら、『英語ビジュアル辞典555』のNumbersで掛け算、割り算にチャレンジする。
3. 国の名前の最初の文字が言えたら、『英語ビジュアル辞典555』のCountriesで国の最初の文字を言ってみる。国旗交換ゲームも楽しむ。
4. 『クイズでチャンツ』の「クイズ8 身につけるものをあてよう」と、『英語ビジュアル辞典555』のFashionを組み合わせて使う。
5. 『英語ビジュアル辞典555』のSpecial Eventsを学習し、『クイズでチャンツ』の「クイズ10 行事のある月をあてよう」で確かめる。 

英語ビジュアル辞典555
『英語ビジュアル辞典555』

小学校でも児童に人気!

クイズでチャンツ』は小学校の外国語(英語)活動でも子ども達に人気です。以下は、東京都荒川区のJTE(日本人英語指導者)である村上正子さんからいただいた、小学校での『クイズでチャンツ』の活用レポートです。

「5年生で、反対語を学習した後、レッスンの最初のウォーミングアップで使用しました。1問ごとにCDを止めて、one, twoで一斉に答えを言わせ、CDの答えを聞きます。(one, twoと言わないと、わかる子が先に答えを言ってしまうからです。)英語の耳がどれだけ育っているのかを確かめたかったので、テキストは見せずに、CDの音声だけを使用しましたが、子ども達は結構、聞き取れていました。答えがわかった後で、テキストの絵を電子黒板に映し出し、皆でCDに合わせて言いました。

子ども達は『クイズでチャンツ』を気に入って、次の時間も“Quiz, please.”と声があがります。CDの音声を聞き取れないと悔しがって、“One more time, please.”と言います。また、CDの外国人の自然な速さの英語にチャレンジ精神を刺激されるようで、聞く集中度がアップします。ちょっと難しい単語が入っているときにも、やる気をそそられています」

以上のように、『クイズでチャンツ』は、英語教室、小学校、ご家庭で、ただCDを流すだけでも、またさらに発展的活動にも使える楽しい教材です。子ども達はきっと飛び付くはずです。ぜひお試しください。

【大好評のチャンツシリーズ】

英語ビジュアル辞典555   英語ビジュアル辞典555   英語ビジュアル辞典555
バナナじゃなくてbananaチャンツ;   クイズでチャンツ   アルファベットチャンツ