英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
 
HOME > 記事 > 現場教師が考える外国語活動必修化の課題と展望
新着の記事
Koji
2010年7月2日
現場教師が考える外国語活動必修化の課題と展望
外国語活動と「英語ノート」
成否は現場の解釈と工夫次第
公立小学校教員
NESTS全国小学校英語公立教員ネットワーク 代表
Koji
NESTS公式ブログhttp://blog.goo.ne.jp/koji-kouritu-eigo
レポート:小学校英語の現場から

多くの学校現場では、5、6年以外では英語活動ができないと思わされているが、前調査官が編著した「効果的な外国語活動につながる!英語活動・国際理解の授業プラン」(明治図書)という本の中で総合的な学習の時間で行える内容を紹介している。さらには、総合的な学習の教育研究を推進してきた元文科省主任視学官が編著した「小学校新学習指導要領の展開 総合的な学習編」(明治図書)の中でも、総合的な学習の時間で地域の実態に適した英語活動を紹介している。

つまりこれらは、総合的な学習の中で英語活動をある条件付きで扱っていいことを示しているし、さらに3、4年でも英語学習が可能であることも示していると考えられる。

実際、学習指導要領の記述の中に、総合的な学習の国際理解という枠の中で英語活動を扱ってはいけないとはどこにもないのであって、学習指導要領(総合)の内容の取り扱いの中で国際理解の学習は「問題の解決、探求活動の中に諸外国の生活や文化などを体験したり調査したりする学習活動」とされている。それらがしっかりと計画的・意図的に位置づけられるならば問題は考えられない。むしろ我が国の伝統や文化を尊重しながら国際化を意図している新学習指導要領編纂までの全体的な雰囲気として、外国語活動を含む英語活動に対して推進する方向性を力強く感じることさえある。

しかし、気をつけなければならないことは、無計画に無意図的に今までの英語活動をそのままやり続けるのではなくて、きちんとその学校の英語活動として、問題解決型の探求活動として総合的な学習の中に位置づけし直すことが不可欠であるということは肝に銘じたいところである。そして、この3年生からの英語学習が5、6年生の外国語活動としっかりと手をつなぎ、その成果を橋渡しできる環境が整ったとき、新たな可能性が広がってくると信じている。

「英語ノート」の使用感

私の「英語ノート」に対する感想を述べる前に、同僚の5,6年生の担任の「英語ノート」に対する感想を紹介したい。

(1)「ランチメニューを作ろう」や「時間割を作ろう」は活動の目的が見えてこない。実際にランチメニューや時間割をつくっても活用することができない。
(2)各レッスンユニット4時間は必要ないのではないか。あの内容では飽きてしまうのでは?
(3)CDが使いにくい。チャンツがあっという間に終わる。
(4)付属のカードが使いにくく、結局自分で作り直さなければならない。
(5)動物の名前などいろんな国の文字で書かれてあるのに、読み上げは英語になっているので、せっかくその動物の呼び方や文字の読み方に興味を持っても肩すかしを食らってしまう。

と、ネガティブな感想が多かったのは残念であるが、偶然にも、私も同じ感想を持っていた。私が特殊な考えの持ち主でなかったことに安心した。

(1)については、「何のためにつくるか」が欠如しているため、やらされている感が子どもの側に出てくる。まだ初めはいいだろうが、回を重ねるにしたがって、「どうせつくったって」と思ってしまうことは簡単に想像できる。

(2)については、やり方次第だとは思うが、同時に教師用として配布されている「英語ノート指導資料」の指導の流れでは、子どもへのタスクが段階的に重くなっていないところがあり、唐突に活動を求められ、自信がないと言いたくない発達段階の高学年は、シーンとしらけた雰囲気を醸し出すこともあるだろう。うまく、自信のつくドリルを取り入れて、ゲームや発表に結びつけていきたいものである。

(3)CDは確かに使いにくい。「英語ノート1」のCDには64,同2のCDには80のユニットがある。プレーヤーによっては、そうとう使いこなせないとねらいの曲を頭出しするだけでも、苦労がある。また、録音されているチャンツは素っ気なく、確かにスピードが速くて、あっという間に終わる。聞く側が楽しくリズムを取りたくなるような味付けが欲しいものである。

(4)カード類の作成については、担任がその作成に時間を割かなくてはならないことが、他教科でもよくあることだが、初めから使えるものが備えられていればそれにこしたことはない。おすすめは、その学校の教員が集まってみんなで使える教材をみんなで作成することである。他の学年の教員も外国語活動への意識や関心が高まり、さらには、2年間で30時間課されている外国語活動に関する研修の時間も消化しやすいだろう。これは、現調査官から頂いたアイデアである。

(5)確かにこれでは、せっかく高まった期待が急降下してしまう。次版があるならばぜひ改善して欲しい点である。英語以外でのものの呼び方をほとんどの教員は分からないので、付属のCDに頼るしかない。子どもに何て読むの?と聞かれても答えられないし、せっかく持った関心もそこで途切れてしまう。

とはいえ、現場教員の工夫次第で、外国語活動の時間を実りあるものにする可能性を「英語ノート」は秘めている。例えば、単元内の構成に関する工夫である。