おしえる 英語教室で指導の実践 つくる 英語教材の開発・出版・販売 つたえる 指導者養成セミナー・研修の実施

英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
英語教材、英語教室(子供向け)HOME > 記事 > 小学3年生 Star Classのレッスンの模様(2010年4月某日)
新着の記事
 

小学3年生 Star Classのレッスンの模様(2010年4月某日)

――小学3年生のレッスンの特徴は、どのようなものですか。

金子 小学3年生は、英語のあいさつがきちんとできるようになり、語彙が蓄積されてきた時期です。英会話も、覚えたとおりに話すだけでなく、言葉を入れ替えるなどの応用・発展が始まります。また、フォニックスの文字学習を開始し、英語を自分で読む段階に入ります。

この日のレッスンの中身も、感情に合わせて表情やジェスチャー、声のトーンを変えるなど、より幅広い英語表現をめざしました。また、ネイティブ講師が笑いを誘う動作を見せて、ちょっと複雑な動詞も反復練習しました。

教室風景


レポート:小学校英語の現場から

この日のレッスンの大まかな流れ(60分/日本人講師1名、ネイティブ講師1名)

<ネイティブ講師によるセッション>

(1)Step by Step(生徒手帳)に出席シールを貼り、MAB(目標シート)で宿題チェック
(2)From Head to Toe(絵本教材)を使い、ネイティブ講師の英語を聴き、体を使って動詞の動きを表現する。Turn my head. Bend my neck. Raise my shoulders. Wave my arms.  Thump my chest. etc.
(3)英会話ワーク(会話表現教材)を使い、会話表現を復習。
(4)スキット練習。
A: Hi! How are you doing?  B: Pretty good.
A: What’s your name?        B: My name is ___.
A: Ouch!                            B: Are you all right?
(5)今度は感情を込めてスキット練習。happy, angry, sadの感情別に、Hi. How are you? ― Pretty good.の会話をネイティブ講師と。
※ ネイティブ講師は、メインの常勤アメリカ人講師の他に、イギリス、オーストラリア等の出身の講師にも来てもらい、文化面、言語面での違いに触れさせることもあります。

<日本人講師によるセッション>
(6)Superstar Songs 3 英語のおとあそび教室(リズム・歌・チャンツ教材)を使い、歌を歌い、英語とともにジェスチャー表現。
(7)The alphabet songを、文字を指さしながら歌う。My name is (spelling).で自分の名前のスペルをいう。
(8)The Months of the Yearの歌を歌い、数と月の名前を言う。
(9)小学生のフォニックスBook1を使い、文字の音の耳慣らし。
(10)宿題をStep by Step(生徒手帳)に記録する。
→家でCDをたくさん聞いて、MAB(目標シート)に記録する。

レポート:小学校英語の現場から

取材者の感想
金子先生もFred先生も、生徒を盛り上げ、英語に集中させ、笑わせ、そして生徒の英語の発話をどんどん引き出していました。粕谷校長が「英語を話せるからといって、英語を教えられるわけではない。子どもの特質を踏まえた指導が大事」といっていた意味がよく分かりました。

「(2)From Head to Toe」では、Fred先生がユーモアたっぷりにbend my neck. などの動作をし、生徒は爆笑しながら体で英語をインプット。続いて、Fred先生の英語(あるいは動作)のクイズに生徒が動作(あるいは英語)でこたえるゲーム。そして、1人の生徒が前に出て、先生の代わりにクイズを出し、一人ひとりが主役に。

「(5)のスキット練習」でも、みんなで感情を込めて会話表現をした後に、一人ずつ前に出て、Fred先生とスキット。ちょっと恥ずかしがっていた新入生も、先生のビッグな励まし方で元気いっぱいに!

2人の先生は“英語を教えられるエンターテイナー”! 先生の指示に対する生徒のレスポンスの早さと、きれいな発音の英語にも感心しました。

担当講師・金子由美からひとこと
金子由美「英会話ワーク」のスキットが、初めてにもかかわらず、みんな上手くできていました。これから生徒がみずから応用力を高めていけるな!と期待が高まりました。このクラスは半分が、3年生から英語を始めた生徒ですが、どんどん吸収して、1〜2年生から習っていた他の生徒に追いつけ追い越せの勢いです。小学3年生は、体を使って英語を楽しむと同時に、知的好奇心を持って文字にも出会う、伸び盛りの時期です。ぜひ低学年のお子様に、英語の世界に触れさせてあげてください!

金子由美 Profile
短大卒業後、カナダでの語学留学を経て児童英語講師として働き始める。現在はmpi 教育アドバイザー・mpi English School講師・セミナー講師。書店等で開催されるmpiのブックフェアーでプレゼンテーション講師も担当している。