教材制作者が語る!『子供のための英語で自己表現ワーク 1〜3 Speech Adventure for Kids』に込めた狙いと思い|英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
英語教材、英語教室(子供向け)HOME > 記事 > 教材制作者が語る!『子供のための英語で自己表現ワーク 1〜3 Speech Adventure for Kids』に込めた狙いと思い
新着の記事
2009年10月1日
教材制作者が語る!
『子供のための英語で自己表現ワーク 1〜3
Speech Adventure for Kids』
に込めた狙いと思い
MPIセミナー講師トレーナー
MPI英語教室講師
岩本由美子

聞き手・編集部
レポート:小学校英語の現場から

拍手とコメント入りのCDで、自然な会話をインプット

イン 国際的マナーなど態度面の育成については、どんな工夫がありますか?

岩本 聞くマナー・話すマナーも、このシリーズで強調したかったことです。

話し上手になるポイントを日本語の解説で入れたり、聞くマナーについてはCDで工夫しています。スピーチの後に必ず、聴き手の拍手とコメントまで吹き込んであるんです。子供たちはCDを聴くたびに、「聴き終わったら拍手をして、なにかコメントを言うんだな」と感じとります。

MPIでは、中学生になると、「会話をつなげるためにコメントを言おう」と教えますね。ですから、リスニングのアクティビティでも、会話の流れの中で、“Oh! That’s great!” や “Wow! Really?” などのコメントを聴かせています。会話の潤滑剤になるようなコメントが自然と口をついて出るように、という狙いです。

イン 自然な会話をたくさんインプットできるんですね。

岩本 コメント入りの自然な会話をインプットしておかないと、間違ったコメントの言い使い方をしてしまうことがありますね。“Wow!” と言っては不自然なところで“Wow!”と言ってしまったり。そういうミスマッチが起きないためにも、「こういうシチュエーションでは、こうコメントすればいい」ということが子供に分かるように工夫しました。

MPI英語教室のすべてがこの3冊に! アイデアブックとしてもおすすめ!

岩本 このシリーズには、MPI英語教室がふだんの授業でやっていることのすべてが盛り込まれています。アクティビティも、制作メンバーみんなで頭をひねって、出せるアイデアをすべて出しきりました。応用のきくアクティビティがたくさん入っていますから、先生方のアイデアブックとしても重宝すると思います。

イン 「このページでこのアクティビティをやる目的は?」ということまで読み込んで使うと、さらによいかもしれませんね。

岩本 どんなアクティビティも明確な目的を持っておこなうことが大事ですから、アクティビティの目的などについては、MPI中級プログラムのセミナーでしっかり学んでみてはいかがでしょうか。

この『英語で自己表現』シリーズは、今年から「1」「2」が「MPI 9年間カリキュラム」のレベル4、5に入っています。また、来年度は、「3」がレベル6に入ります。9年間カリキュラムの中での位置づけや、「MAB(My Achievement Book)」との対応、『Keypals 0』との使い分けなどについては、来年1月の「パートナー教室限定実践セミナー」でお伝えできればと思います。

MPIのノウハウを注ぎ込んだ『英語で自己表現ワーク』シリーズは、いわば9年間カリキュラムをしっかり支える骨組みのようなものです。

さらに、この秋に発売予定の『Speech Navigator』シリーズには、『英語で自己表現ワーク』シリーズを終えた中学生以上の生徒が、もっとスキルアップするための仕掛けがたくさん入っています。

両シリーズで6年間、生徒の成長を支えるべく、今、全力で執筆に取り組んでいます。15歳で、英語で何ができる生徒を育てるか、その答えを出したいと思っています。

2010年、MPIパートナー会員の皆さんには、ぜひこの2シリーズを使って、生徒を大きく育てていただきたいと思います。パートナー会員限定の実践セミナーでしっかりご紹介しますよ!皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

>> 子供のための 英語で自己表現ワーク 1
>> 子供のための 英語で自己表現ワーク 2
>> 子供のための 英語で自己表現ワーク 3