教材制作者が語る!『子供のための英語で自己表現ワーク 1〜3 Speech Adventure for Kids』に込めた狙いと思い|英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
英語教材、英語教室(子供向け)HOME > 記事 > 教材制作者が語る!『子供のための英語で自己表現ワーク 1〜3 Speech Adventure for Kids』に込めた狙いと思い
新着の記事
2009年10月1日
教材制作者が語る!
『子供のための英語で自己表現ワーク 1〜3
Speech Adventure for Kids』
に込めた狙いと思い
MPIセミナー講師トレーナー
MPI英語教室講師
岩本由美子

聞き手・編集部
レポート:小学校英語の現場から
2009年4月に出そろった『子供のための 英語で自己表現ワーク』1〜3。このシリーズは、小学4〜6年生を対象に、さまざまなアクティビティを通して「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく伸ばし、将来役に立つ「コミュニケーション力と発表力」の基礎を築くための教材です。このシリーズ教材の特徴と新しさは何か? 指導上のポイントは? 執筆メンバーの一人・岩本由美子先生に、『英語で自己表現ワーク』に込めた狙いと思いを聞きました。
子供のための 英語で自己表現ワーク1 Speech Adventure for Kids 子供のための 英語で自己表現ワーク1 Speech Adventure for Kids CD 子供のための 英語で自己表現ワーク2 Speech Adventure for Kids 子供のための 英語で自己表現ワーク2 Speech Adventure for Kids CD 子供のための 英語で自己表現ワーク3 Speech Adventure for Kids 子供のための 英語で自己表現ワーク3 Speech Adventure for Kids CD
レポート:小学校英語の現場から

「自分の言葉」で表現するためのワークブック

インタビュアー(以下、イン) このシリーズは、『自己表現ワーク』のタイトルのとおり、子供が英語で自己表現するためのワークブックですね。

岩本 はい。英語に親しんでいる小学生は、中学年や高学年になると、英語で自分のことを表現したくなるものです。ですから、このシリーズは、「1」が4年生、「2」が5年生、「3」が6年生と、小学生の中学年から高学年を対象にしています。

教材の中では、いろんなトピックを挙げ、「こういうふうに英語で言える」という例をたくさん提示しています。それを練習し、自分の言葉にして、みんなの前で発表する。ただし、スピーチ原稿を丸暗記するのではなく、「自分の言葉で発表する」ことを目指しています。

イン 丸暗記ではなく、自分の言葉で表現できるようになるのには、この教材に何か工夫が?

岩本 さまざまなスピーキング・アクティビティが入っています。友達にインタビューをしたり、聞いたことをクラスで報告したりと、どれもが目的を持って英語を使うアクティビティです。目的を持って英語を使うわけですから、ただ意味も分からず丸暗記していくのとはまったく異なります。

イン アクティビティをこなしていく中で、英語表現が自分の言葉として身についていく。

岩本 テキストに沿って進めていくと、無理なくスピーチまでもっていけるので、先生方にとっては、ありがたい教材になっているのではないかな、と思います。

すでにお使いいただいた先生方から好評なのは、「ぐるぐる練習」と呼んでいる練習法です。『英会話たいそう』のように、毎レッスンのはじめに、リズムに乗せて基本文全体を一気に言わせます。初めは意味まで分からないんですが、歌のようにくり返し唱えているうちに、意味を体で分かって、スラスラと使えるようになります。これはMPIの指導法のコンセプトを凝縮している練習法だと思います。実際、「ぐるぐる練習」の効果には驚きます。