松香洋子が語る|英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
英語教材、英語教室(子供向け)HOME > 記事 > 松香洋子が語る!
新着の記事
2009年8月3日
松香洋子が語る!
Yoko’s Intensive Seminar(松香洋子の特別集中講座)で伝えたいメッセージ
松香洋子
聞き手 編集部
レポート:小学校英語の現場から
MPI創立30周年の特別企画として、東京(9月)と大阪(10月)で開催するYoko’s Intensive Seminar (松香洋子の特別集中講座)。30周年の節目のこの特別集中セミナーに向けて、松香洋子は着々と準備を進めています。2日間の集中講座に、どんなメッセージを凝縮しようとしているのか。講座の中身や狙いについて、松香洋子に聞きました。
レポート:小学校英語の現場から
>> Yoko’s Intensive Seminar(松香洋子の特別集中講座)の詳細はこちら(9月 東京)
>> Yoko’s Intensive Seminar(松香洋子の特別集中講座)の詳細はこちら(10月 大阪)
レポート:小学校英語の現場から

国際水準の英語の山を体験トレッキング

インタビュアー(以下、イン) MPI創立30周年の特別企画、Yoko’s Intensive Seminar(松香洋子の特別集中講座)では、どんなことを目指していますか。

松香洋子 この2日間の集中講座は、いわば「国際水準の英語教育の山脈を体験トレッキングする」ようなイメージです。皆さんと一緒に楽しく山登りをしながら、私が30年間、児童英語教育をやってきて、「入門期の学習者にとって一番大事なのはこういうことだよね」と思うもの、そしてこれからの英語教育が進むであろう方向性などをお伝えしたいと思っています。

イン 英語教育の山の体験トレッキング。その心は?

松香 使用するテキストは、The Cambridge Guide to Teaching English to Speakers of Other Languagesというものです。

 このテキストは、世界中の大学院のTESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)コースで最もよく使われています。大学院でTESOLを学ぶ人にとっては必携と言ってもいいくらいの基本図書です。

 特徴は、「内容が新しい」こと。英語教授法は日進月歩で新しくなっていますから、教授法の本の中身はどんどん古くなってしまいがち。でも、The Cambridge Guideは中身が新しい。最新の英語教育を解説しています。そこがこのテキストの素晴らしいところです。