パートナー教室訪問 第6回|英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
英語教材、英語教室(子供向け)HOME > 記事 > パートナー教室訪問 第6回
新着の記事
パートナー教室訪問 第6回
2009年6月2日
パートナー教室訪問 第6回
英語教育の大変革!
開拓者としての気概を持って
オプネット英語学院
関信昭 戸塚貴子
聞き手:中部北陸エリアマネージャー 野中美恵
レポート:小学校英語の現場から

英語は理屈じゃない、まず「体験」するもの

野中 オプネット英語学院はMPIパートナー校ですが、MPIの指導法や教材をどうお考えですか。

関 MPIセミナーでは本当に衝撃を受けました。英語力だけでなく、国際的に通用する態度やマナーも大事だという考え方や、みんなの前で発表することを重視する教え方など、目からウロコでした。

戸塚 「説明するより、まず体験してみる」というのがMPIの特徴のひとつですね。理屈で説明して理解することも大事ですが、やはり体験してこそ面白さが伴います。ですから、「使って覚えて、覚えて使う」のが英語学習の基本であることは、当然といえば当然。

しかし、そういう教え方はこれまでの日本の英語教育になかったし、私たち自身、理屈で英語を学んできた世代です。それに、指導者としては理屈で説明する方が実は簡単です。

それを大転換させたのがMPIだと思います。指導者が全身で表現し、手を代え品を代え、子ども達に体験させながら英語を学ばせていく。この指導法はチャレンジングですが、指導者としてとても幅が広がっていると実感しています。

関 MPIの教材は、ただ英語をしゃべらせるだけではない。必ずジェスチャーをはじめとする異文化がセットになっていて、言葉と態度の両面で国際的通用性が身につきます。

戸塚 MPIの「9年間カリキュラム」は、「小学校と中学校の9年間で、こういう15歳に育てる」という目標とステップが明確です。小学校高学年から中学校にかけては、フォニックスを学び、発話力が爆発的に向上する時期です。しかし、現状の日本の英語教育は、この時期に受験英語を詰め込みます。非常に残念です。私は、日本の子どもに英語を教えるには、MPIの「9年間カリキュラム」しかないと思っています。

関 同感です。MPIメソッドで、一人でも多くの子ども達を指導していきたいと思います。開拓者の一人として、他の先生方と力をあわせて、日本の英語教育を引っ張っていくくらいの気概を持っていたいですね。

戸塚 子どもに英語を教えることは、子ども達の未来に関わることができる素晴らしい仕事です。子ども達のために一生懸命やったことが、自分の血肉となり、自分自身も成長することができる。そして、その成長を子ども達に還元する、というように、子ども達と一緒に私たちも成長し続けたいと思います。

関連リンク:
MPIパートナーキッズコンテスト2009 名古屋会場感想文
http://www.mpi-j.co.jp/can/nagoya.html

オプネット英語学院
http://www.op-net.jp/