キレイごと抜きの現場報告 小学校だから!できること 第7回|英語教材、英語教室(子供向け)ならmpi

記事
新着の記事
過去の記事
2008年12月までの記事
HOME > 記事 > キレイごと抜きの現場報告 小学校だから!できること 第7回
新着の記事
愛知県春日井市立神屋小学校 教諭 加藤拓由
2009年3月2日
キレイごと抜きの現場報告
小学校だから!できること 第7回
マイナスから立ち上がる担任たちが
日本の子どもの未来をつくる 【後編】
愛知県春日井市立神屋小学校
教諭 加藤拓由
レポート:小学校英語の現場から
2011年度より小学校で英語教育が必修化されます。小学校で英語を教える喜びと難しさ、意義と成果は、どのようなものなのでしょうか。本連載は、小学校で英語を教えた経験を持つ担任、JTE、ALTの先生方による“本音の”現場報告です。他では聞くことのできない現場の汗と涙をお届けします。第7回の今回は、中学校の英語教員から海外の日本人学校の小学校教員を経て、現在、愛知県春日井市立神屋小学校の教員でいらっしゃる加藤拓由先生にお話をうかがいました。その内容を、2月2日に配信した前編と、3月2日配信の後編の2回に分けてお送りします。

>> 前編を読む

小学校英語で身につく意欲や態度の先にあるもの

編集部(以下、編) 前編では、加藤先生のボンベイ日本人学校でのご経験や、英語活動の工夫や難しさなどについてうかがいました。後半では、まず、加藤先生が感じられている英語活動の効果について聞かせていただけますか。

加藤 英語活動の効果については、「児童の積極性が養われる」「協調性が育まれる」といった報告を、いろいろなところで耳にする機会がありますので、ここではちょっと視点を変えて申し上げます。

よく「小学校の英語活動において最も重要なのは、スキルではなく意欲や態度である」と言われます。確かに、意欲や態度は大切だと思います。
では、いったい、英語活動で意欲や態度を身につけることが、子どもにとってどういうことにつながるのでしょうか。

シンガポールを旅行していて、マクドナルドに入った時のことです。隣のテーブルで、制服を着た中学生か高校生とおぼしき4人の男女が何やら盛んに話をしていました。ここまでなら、日本でもよく見かける光景です。

よく見ていると、4人は顔立ちから、中国人系、マレー人系、西欧人系、インド人系とそれぞれ違う出身のようです。そして、彼らは英語で書かれた、かなり分厚い物理の教科書を見ながら、物理の問題についてかなり激しく議論を戦わせている様子でした。宿題か何かをやっていたのでしょう。