MPI 小学校英語等サポート事業 2008年 9月 研修・講演実績報告
ツキ 依頼先イライサキ 内容ナイヨウ 担当タントウ講師コウシからの報告ホウコク
9月 3日 (水) 杉並区立桃井第小学校 研修 校長先生・副校長先生はじめ、皆さんが非常に明るく迎えてくださった。「みんなでフォニックス(上)」トラック2にある♪a…b…c…d…e…f…g…shift…のメロディに合わせて、キーボードを指さす活動が大好評。「担任の先生センセイカタも楽しむ」ことの大切さを実感していただきたかったので、児童と同じ活動を数多く90分間体験していイタダいた。                              研修終了後の一言ヒトコト感想カンソウ:「やる気になってきた」「やれそうな気がしてきた」
9月 5日 (金) 鳥羽市トバシリツ              安楽島(あらしま)小学校 5年生ネンセイモデル授業ジュギョウ    研修ケンシュウ 英語だけのモデル授業を参観された先生カタの感想:  
・ジェスチャーとことばが一致しているので子どもたちにも分かりやすい。動作がスイッチになって、ことばが出ている。
・教室英語の大切さが分かった。子どもたちを動かすには不可欠だと感じた。
・Acca Bacca Soda Crackerは子どもたちがことばとリズムの面白さを楽しんでいた。
音の面白さに気がついてどんどんと興味をもっている様子を見て、こうやって子どもたちは楽しみながら学んでいくことがわかった。                     ・日本語を介さないホウがむしろ子どもたちはよく聴いていて、聴かなければ分からないので、体をおこし顔が前を向いていた。                         ・英語エイゴ授業ジュギョウはALTだけでなくHRTが関わることが重要だとわかった。
9月 16日 (火) 船橋市教育キョウイク委員会イインカイ 中学校チュウガッコウ英語エイゴ講師コウシ研修ケンシュウ Speaking 活動の実際について」 ―フォニックスからコミュニケーション活動へ―
・Motivation を高めるcommunication 活動
・Situationを重視した communication 活動など を
QA100、QA200 を使って紹介。英語エイゴ講師コウシ方々カタガタが熱心にアクティビティーに参加。おタガいにタスいながら、発表ハッピョウカツドウにも積極的セッキョクテキ参加サンカいただいた。
9月 18日 (木) 埼玉県サイタマケン三郷市ミサトシリツ        サキ小学校ショウガッコウ 教材キョウザイ説明セツメイ   ミニ研修ケンシュウ 先生方からの感想カンソウ:「バナナじゃなくてBananaチャンツ」は全学年を通して使えそうね。 是非、学校で購入しましょう。」
校長先生:「とても楽しい研修で60分があっという間にぎてしまいました。先生方が笑顔でしかも居眠りしない研修はこういう英語研修ならでは、ですよね。」
英語エイゴ担当タントウの先生:「今度の研究授業のヒントがいっぱいもらえました。」

9月 18日 (木) 伊勢崎市教育委員会 ダイ8カイ研修 研修ケンシュウには、「楽しかった」といろいろな先生からお声をかけてくださった。 先生方が授業ジュギョウ使ツカえる英語を練習して、実際に使ってみるという実習で徐々に英語を使うことに慣れていただくことが重要ジュウヨウカンじた。

 
9月 25日 (木) 伊勢崎市教育委員会 ダイ9カイ研修 児童と同じで、慣れることが大事ダイジであること、迷いがあったり、照れたりするのは自分だけでなく他の先生方も同じなのだ、ということを今回の研修では共有していただけたのでは。実際に自分で英語を言ってみるという経験や実践を積み重ねることで児童と共に学ぼうという姿勢が先生方にも芽生え始めていることを実感できた。
9月 26日 (金) 鶴田町学校教育研究会     胡桃舘小学校 4年生ネンセイ公開コウカイ授業ジュギョウ      講演会 「子どもが活躍する英語活動」がしっかりと定着。
挨拶から、歌、絵本、たいそう、ゲームなど全ての分野でしっかりとリーダーが活躍。                子どもが堂々とマエって発表。 児童同士ドウシのコメント発表も定着している。全然人見知りをしない児童たちの目が輝いていた。未来の国際人ここにあり。      先生方も短い指示語を使いながら英語エイゴだけの授業ジュギョウ実践ジッセンされていた。
                   松香マツカ洋子ヨウコのブログ参照サンショウ
9月 30日 (火) 伊勢崎市教育委員会 ダイ10カイ研修 最初サイショシズかな先生センセイカタだったが、マイクロティーチングが始まると、それぞれグループごとに楽しく活動する様子がみられた。参加サンカされていた中学校の先生センセイ感想カンソウ:「とても楽しくて、参考になった。中学生にもこのような方法で歌の指導をしたい。」