MPI 小学校英語等サポート事業 2008年 7月 研修・講演実績報告
月/日 依頼先 研修内容 担当講師からの報告
7月 1日 (火) 東京都利島村立利島 モデル授業 英会話たいそう5番 のWhere's the telephone? It's over there.など気持ちを込めて、表情豊かにまた体全体で表現していた。全学年の子どもたちと先生方全員で協力し合って授業を盛り上げ、授業を楽しんでいる様子が伺えた。
7月 1日 (火) 伊勢崎市教育委員会 第4回目  研修 参加の小学校校長より:「15年ほど前にパソコンというものが普及しはじめて、関係ないと思っていましたが、今はすっかり必需品となり当たり前になりました。英語もそうなっていくのだと思います。」                     実習中には先生方がジェスチャーや指導方法など工夫され教えられることも多かった。
7月 2日 (水) 新座市教育委員会東野小学校 2年生    研究授業 英語りーダーのあいさつで開始。子供たちがとても楽しんで、歌やスキットを楽しんでいた。HRTも指示をきちんと英語で出し、英語だけの授業を実践されていた。
7月 3日 (木) 新座市教育委員会 全大会 全体会 今年度の目標は小学校「担任と講師の連携」、中学校「英語科と英会話の時間の連携」で、小学校の副題は「担任が積極的に関わる授業」。    MPI講師によるHRTとEETとのTTのモデル授業。CDプレイヤーが使えない予期せぬ環境の中であったが、小・中の参加者は5,6年の児童になりきり、全員大変協力的に歌い、授業体験をしてもらった。
7月 4日 (金) 伊勢崎市教育委員会 第5回目   研修 地域のALTの先生が大変協力的でジェスチャーや声の大きさも大変すばらしく協力的。学校長・教頭先生そして中学校教員とALTが積極的に参加していただけたことで教員の間でも交流ができ、有意義だったとの感想。一言表現や教室英語を取り組むことで自己表現活動や絵本の活動がさらに活き活きとしたものになる、簡単なコメントの表現が使えるようになると英語が楽しい、との感想もいただけた。
7月 5日 (土) JーSHINE主催大阪シンポジウム J-SHINE 松香洋子による講座
7月 7日 (月) 会津若松ザベリオ学園 カリキュラム相談     
授業参観・フィードバック、アドバイス
7月 7日 (月) 杉並区英語活動ボランティア養成講座 研修         英会話たいそうの指導法 実際に、2学期から,小学校で英語を教える事になるので、皆さん真剣に、積極的に取り組んでいた。
会話文の日本語訳をしなくてよいのか、また教材についての質問などたくさんでた。
 
7月 8日 (火) 安楽島(あらしま)小学校 6年生のモデル授業   研修 モデル授業を参観された先生方の感想:   ・子どもたちがわかっているかどうか、と考えすぎていた気がする。とりあえず何回も練習しよう、まねしようと始め、練習していくうちに理解できればいいと感じた。
・同じことを練習しているのにリズムがいいので子どもたちがあきていない。
・子どもたちが活き活きしていた。
・声を出す練習が多かったが、子どもたちが普段とは違い、恥ずかしがっていなかった。
7月 9日 (水) 新座市教育委員会西堀小学校 4年生    研究授業 児童は元気があって声が良く出ていた。
HRTとEETの協力体制が良く出来ていて、テンポ良く授業を進められていた。  
7月 10日 (木) 伊勢崎市教育委員会 第6回目  研修 拠点校の先生方は普段から指導されているので、非常に反応が良かった。回数を多く経験することが自信にも繋がり自然と英語が出てくるようになるのではないか。中学校教員も3名参加、伊勢崎市の小中連携への姿勢が感じられた。 
7月 11日 (金) 新座市教育委員会/6中学校 中1研究授業 小学校から英語を学んで来た生徒たちが、リズムに乗って、大きな声で英語を発したり、互いにやりとりをするアクティブな授業が繰り広げられていた。QA100を使っての会話には、笑いまじりに楽しく英語を使っていた。
7月 11日 (金) 伊勢崎市教育委員会 第7回目  研修 絵本指導では協力的にどのグループもよく理解して、ジェスチャーをして教室英語の練習ができた。参加の先生からは、「子どもと一緒なので何度も同じことを繰り返す必要がある」との感想をいただいた。
7月 12日 (土) イーオン主催J-SHINE講座東京 J-SHINE 松香洋子による講座
7月 14日 (月) 杉並区英語活動ボランティア養成講座 研修     絵本の指導法 非常に熱心で前向きな方々が多く、反応もよかった。終了後にも、「小学校という現場の現状について」たくさんの方からご質問・ご意見・ご感想をいただいた。
7月 14日 (月) 昭島市立拝島第一小学校 5年生のモデル授業+研修 今年度、英語活動推進委員会を立ち上げ、年間カリキュラム、指導案を現在作成中。 第6学年児童は毎年、5月に米軍基地内の児童を招待、冬には相手校へ出向くといった交流活動を行っており、英語や外国の方々に対する抵抗は少なく、低中学年児童はこの行事を楽しみにしているとのこと。
7月 16日 (水) 聖学院大学 児童英語教師養成講座  −新しい学習指導要領と小学校英語− 松香 洋子 講座 「カタカナ、ローマ字、そして英語―子どものための文字指導―」
7月 19日 (土) イーオン主催J-SHINE講座名古屋 J-SHINE 松香洋子による講座
7月 22日 (火) 渋谷区教育センター 低学年対象研修 少人数参加の研修だったので、一人一人の要望に答え、参加者の方々にも自由に質問や意見を述べていただきながら進行した。 
7月 22日 (火) 津市立南が丘小学校 研修  先生方は英語活動に慣れているようで、楽しそうに実習に取り組まれていた。英会話たいそうの実習を通して、ジェスチャーが大切と分かった、との感想をいただいた。担任主導型の授業が今後の課題。
7月 22日 (火) 東京都西東京市立      柳沢小学校  研修 校長先生より: 国語の研究授業もしていますが、英語活動と通じるところがあることを今日の研修で感じました。研修の中で、『Thank you.といわれたらYou’re welcome.と返事をするとかHi!といわれたらHi!と返す。Any volunteers?! Let me try!というように必ず 言葉にだしてジェスチャーをして相手に伝えるのがコミュニケーションの第一歩』というお話がありましたよね。 国語の授業でも何かしてもらったら有難うといいましょう、とか人の話はよく聞いて必ず返事をしましょう、と教えます。どちらも言語は違うけれど同じこと(コミュニケーション能力の育成)を目指していますよね。だから高学年からではなく低学年から英語活動も続けていきたいですね。
7月 23日 (水) 渋谷区教育センター 高学年対象研修
指導手順の実習を多く入れる予定だったが、参加の先生方からは実践にすぐ役立つアイディアを少しでも多く知りたい、とのことだったので、I like coffeeの収録曲およびアクティビティを可能な限り紹介。
7月 23日 (水) 杉並区三校合同英語実技研究会  4年目研修 特区2校の小学校の先生方の英語活動の意識は高く、大変前向き。英会話たいそうの96表現の整理と確認をしたが、多くの先生方は96表現に慣れ親しまれていた。最後に数組のペアが前に出てスキット発表にも参加。
「カタカナ、ローマ字、そして英語―子どものための文字・フォニックス指導」の資料に沿って、小学校では音声指導を中心にし、中学校での文字指導の下準備を十分にしておく事を再確認。
7月 23日 (水) 東海市立渡内小学校 研修 2コマ 低学年〜高学年の担任主導型のモデル授業と指導法 。アルファベットの導入には慎重たったが、「みんなでフォニックス」を使ってモデルレッスンをすると、教材の楽しさに関心を示され、キーボードのページをトライしてみるとのことだった。実際のコンピューターのキーボードも使って、CDを聞きながら挑戦してみたいとのことだった。
7月 25日 (金) 富里市学校教育研究会 研修 参加者は、英語・国際理解教育部に所属の先生方で英語教育に関心のある方が多く、英語活動に対しても前向き。 「バナナじゃなくて」に興味を示された。   一人の先生より: 「雨ニモマケズ」のヒントをいただいたので、発表会のイメージが湧いてきました。 是非、「雨ニモ マケズ」の郡読を子どもたち(6年生)に挑戦させたいと思います。」
7月 31日 (木) 東京都教職員研修センター 小学校外国語活動中核教員研修                           中核教員 研修 様々な外国語活動  -英語ノートの歌・チャンツの利用-  東京都の全小学校から各校1名参加で計 約1350名の参加者。2階席もある新宿文化センター大ホールにて (講師:松香洋子)                     トラストゲームでWarm up。                  5年生:世界の「こんにちは」を知ろう、数であそぼう       6年生:カレンダーを作ろう、行って見たい国を紹介しよう のCDをかけて、チャンツとアクティビティを紹介し、全員で体験。その場で立ってできるアクティビティーに限られたが、前後左右とペアを替えて、実習活動。3回ほど舞台に数名上がってもらい、会場の参加者との対面活動も行った。最後にU are out! でハンカチまわし、Coconut songを振りをつけて全員で歌った。終始笑いの起こる楽しい75分の研修となった。
7月 31日 (木) 八千代市教育委員会 教材説明 皆さん熱心にうたや教室英語の練習に参加。
指導主事より: 「今日の研修で、先生がほめることが大切、とあったが、ほめられた子供たちも自然に”Thank you!”と言える、そんな子供たちを育てていきたい。」
7月 31日 (木) 相模原総合学習センター 研修 最初はおとなしい参加者であったが、ペア活動になると、皆さん笑顔でとても楽しんで取り組んでいただけた。「英会話たいそう」に取り組んでいる学校もすでにあるようだ。教室英語は、どの先生もジェスチャーをつけて熱心に練習。
英語活動が必修になるということで、先生方も熱心に参加。研修後のアンケートでは「2学期からさっそくやってみようと思う」という意見もあったようだ。