小学校英語ならmpi

小学校英語
小学校英語の現場から
小学校英語に一番近い!
小学校英語・英語教材・指導者資格HOME > 小学校英語 > レポート:小学校英語の現場から > 青森県 鶴田町立 胡桃舘小学校 英語活動報告
レポート:小学校英語の現場から タイトル一覧に戻る
   小学校英語サポート

青森県 鶴田町立 胡桃舘小学校  英語活動報告

報告日:2008年4月22日
報告者:胡桃舘小学校 教諭

4/22には、新しく鶴田町に入ってこられた先生や、まだ英語活動をやっていない先生を対象に授業公開しました。年度初めと言うことで、前の日に1回、授業しただけで、2回目を公開と言うことになりましたが、子ども達は予想以上に前年度の内容を覚えてくれていました。昨年のインプットの底力を実感しました。

今回の授業は、準備期間が全くなかったので、3学期にやった内容のSongs & ChantsをI like coffee, like teaの歌に替えただけの小さな変更だけだったので、子どもたちもたいして戸惑うことなく、レスポンスよく活動できました。子どもたちは、はな○です。一ヶ月半ぶりの英語活動でも、会話はもちろん絵本の教師とのパート読みも全く忘れずにちゃんとできたのには、驚きました。インプットの効果はやはりすごいと思いました。

また、この日、新聞2社と民放1社が取材に来ました。やっと、小学校英語も注目する先生や保護者が増えてきており、小学校英語を理解し始めてもらっていると、喜んでおります。どんなことがあっても今持っている4年生が卒業するまでに、MPIで作っていた頂いたカリキュラムでどれだけすごいことができるのか、きちんと見届けたいし、育てたいと思っています。

2学期の9/26の公開発表では、4年生のレッスン17−19をやります。授業内容は、♪Five little monkeys♪、英会話たいそう #5 #6、フォニックスアルファベット、はらぺこあおむしとなります。
英語日直を十分機能させるまでには、決められた時間を1時間1時間大切に着々とやっていくしかないので、身が引き締まる思いですが、楽しんでやっていくことも忘れないようにしようと思っています。

事後研では、
・1年生でも英語だけでやった方がいいのか。
・1年生の日本語もしっかりしないうちに英語を教えていいのか。
・初めての英語指導なので、ある程度勉強してから英語活動をした方がいいのか。

などの不安混じりの質問が多くありましたが、

・小学校でもここまでできるのか、という中学校校長の感想。
・自信を持って会話ができている。
・教師と子どもが英語だけでやりとりができている。

という、小学校英語に対する可能性の高さに気づいたような発言もたくさんありました。

はじめは、新聞やテレビが来ることに「いやだー」「はずかしいー」と行っていた子ども達が、参観に来たお母さんや先生方にほめられたり、テレビを見た人にほめられたのでしょう。
次の日「昨日おもしろかった」「(テレビ)今度いつ来る?」とウェルカム体制!表現活動にさらに意欲を持ってくれたのも今回の大きな収穫でした。

北の果てより 成田考児