小学校英語ならmpi

小学校英語
小学校英語の現場から
小学校英語に一番近い!
小学校英語・英語教材・指導者資格HOME > 小学校英語 > レポート:小学校英語の現場から > 小学校英語活動報告 20
レポート:小学校英語の現場から タイトル一覧に戻る
   小学校英語サポート
MPI 講師 柳田淑代報告日:2007年 9月26日(水)
新宿区立江戸川小学校 英語活動報告


MPI 講師 柳田淑代







2005年度 校長主導のもと、英語活動を本格的(年間各学年 18時間)に導入。
(教員に英語指導経験者は少なく、指導案等は校長が作成)
2006年4月7日 MPI研究所所長・松香洋子が講演。それまでの英語活動を見直し「英会話たいそう」を主活動に仕切り直しを図る。
2006年4月7日以降 年間6回、 MPIより研修講師を派遣。研究授業参観・研究協議会にて、アドバイス及び教員研修を続け「自ら進んで伝え合う子の育成」をめざし英語活動実践。
2006年度 ※英語活動の進め方  1〜2年 隔週1時間+α(年間24時間)
                3〜6年 毎週1時間  (年間35時間)

「江戸川プラン」(45分間の流れはMPI方式を採用。歌・チャンツ・英会話たいそう表現96 +ゲーム活動・絵本)・全校インプット実施。

※指導者とその方法
HRT(学級担任)・AT(副担任)・ALT(外国人助手・派遣会社により毎回異なる)によるチームティーチング。

2007年度 「子供たちが楽しく活躍する英語活動」を研究テーマに英語活動継続。
教員自らが指導案を作成し、その指導案に沿って ALTと打ち合わせし担任主導型の英語活動ができるまでに。
2007年7月 MPI J-SHINE実践講座にて活動報告を校長先生に依頼し、快諾を得、発表して頂く。一方、MPI講師も前年に引き続き年間4回の研修依頼を受け、英語活動の支援・指導にあたり、9月26日(水)研究授業(1学年)を参観し教員研修最終日を迎える。
2007年 10月19日 「研究発表会」にて松香洋子、講演予定。

<2007年 活動の様子>
※ 指導案に基づき、いつも一定した45分の流れに沿って子供たちは安心して英語活動を楽しめるようになってきています。教室以外でも“ Hi!”と話しかけると必ず英語で返事が返ってきます。(Wonderful!!)

※ 小規模校(各学年単学級 /1クラス平均人数16名)の特色を活かし、教員がチームを作り熱心に研究に取り組んでいます。特に今春から赴任されたY先生は、夢にMPI講師が出てくるくらいだそうです・・・(Really?!)

※ この学校で初めて「英会話たいそう」を子供たちと歌って踊って下さった I先生。「一年生であれだけできるとは!」と改めて英会話たいそうのすばらしさを体験して今春、別の学校へ。そちらでも活動続けて下さっていますか?(Of courseだと良いのですが・・・)

※ 夏休みには学校に集まり研修会が開かれました。マイクロティーチング(学級担任が 各々、T1・T2/子供の役を演じながら教え方を立体的に練習する方法)を体験し、皆で汗を流し、たくさん意見を交換し合いまた、一歩前進しました。(Fantastic !!!)

☆ 2007年10月19日(金)いよいよ『研究発表会』が行われます。
参加の事前申し込みは必要ありませんので、皆様ふるってご参加下さい!
詳細のプログラムにつきましては新宿区立江戸川小学校のホームページをご参照下さい。
どんな“ Let me try!”Kidsが現れるでしょうか?期待で胸が躍ります。
また先生方には“ Try your best!”と心よりのエールをお送りします。

後日、公開授業の報告をさせて頂きます。お楽しみに・・・