小学校英語ならmpi

小学校英語
小学校英語の現場から
小学校英語に一番近い!
小学校英語・英語教材・指導者資格HOME > 小学校英語 > レポート:小学校英語の現場から > 小学校英語活動報告 21
レポート:小学校英語の現場から タイトル一覧に戻る
   小学校英語サポート
東京都利島村立利島小学校 訪問記3研修日:2007年9月10日(月)、11日(火)
東京都利島村立利島小学校 訪問記3


★ ここでは MPI の小学校英語活動の理念に賛同いただき、 MPI に教員研修等を依頼していただいた主な市町村・学校の情報をご紹介していきます 。

※ この情報は 東京都利島村立利島小学校の許可を頂いた上で掲載しています 。

MPI 講師 野田まゆみ


平成19年度 第2回目訪問

9月10日(月)
7月と同じく竹芝桟橋8:10発 高速ジェット船に乗船   利島へは条件付出航
大島に到着しても、船内アナウンスはなく、利島に接岸するのかどうか不安になり、乗務員に聞いたが、答えは「条件付です」の一言。利島に着かないなら、大島で下船して、ヘリで利島に行かなくてはいけないのに・・・。その乗務員がいなくなってから、又別の乗務員にも聞いてみたが、やはり答えは「条件付です」。納得しない顔でいると、「最悪は新島からサルビア丸で利島まで戻ることになります。最悪ですが・・・」と最後に言ったので、そのまま乗船することにした。が、もし新島まで行ってしまったら利島には午後の授業に間に合うように戻れるのかどうかもわからず、心配だったが、もうどうにもできず、ただひたすら無事に船が利島に接岸する事を祈っていた。そうこうする内に予定の10:35より少し遅れて、ようやく無事に利島に到着し、副校長先生のお迎えで、一旦学校のすぐ近くの民宿(前回とは違う民宿)まで送っていただいて、一休み。12:30には学校に行き、6年生の教室で5、6年生の児童たちと一緒に給食をいただいた。
なんと、2学期から2年生と5年生に転入生が2名(兄弟)あり、利島小学校の児童数は10名となった。

【モデル授業】 13:40-14:25
1年2 名、 2年2名、3年1名、4年2名、5 年 1名 、6年2 名 計10名
学級担任( HRT ) 1 名と MPI 講師( JTE ) 1 名による TT 、別の HRT 1名が器材を担当
  • HRTがHi! How’re you doing?   児童はHi! Pretty good
    ♪ Hello song  ジェスチャーを付けて全員で元気良く歌う
    What's the weather like today ? に対して、すぐに児童たちは   It's cloudy today. と答える。
  • #17 ♪Coconut song (Songs and Chants 1より)
    C o c o n u t の7枚のポスターを黒板に貼る
    What’s the weather like today?に対して、すぐに児童たちは It's cloudy today. と答える。
  • #10 ♪Acca bacca ( I like coffee 、 I like tea より)
    静かにCDを聞く
    CDに合わせて、体でリズムを感じながら歌えるところから歌う×2回
  • 英会話たいそう
    #6 DVDを見ながら、歌って踊る(1学期以来久しぶりだったが、皆元気良く歌って踊っていた)
    #7 DVDを静かに見る
     DVDを見ながら歌って踊る (DVDと同じように座って始める 声はまだ出ていないが、振りは上手)
     絵カードでジェスチャー/表現練習、ジェスチャーあて、表現あて
     絵カードを一人1枚ずつ渡す  表現を聞いてカードを上げる 全員で表現練習
     もう一度DVDを見ながら歌って踊る (1回目より声も出るようになった)
  • 絵本 From Head to Toe
    HRTとJTEが絵本をもち、JTEが読む
  • 動作をつけてスポーツチャンツ(小学生は英語が大好き 1より)
    CD#25 を静かに座って聞く
    CDを聞きながら、動作をする
  • ♪Good-bye song

【授業の感想】
  • 児童たちが英語の授業にも大分慣れてきたようで、落ち着いて授業に臨んでいる印象だった。
  • 初めて聞く、♪Acca bacca は愉快なリズムにすぐに反応し、瞬く間に子どもたちの表情が和らいだ。
  • 英会話たいそう#7はこの授業でまだ2回目と聞いていたが、曲が流れる前からDVDと同じように座ってスタンバイし、DVDそっくりに一生懸命真似をして踊りを楽しんでいた。特にOops!では一際気持ちを込めて声も大きくなり、オーバーなジェスチャーを真似て楽しんでいた。
  • 絵本 From Head to Toeも初めて紹介したが、絵本をじっと見ながらJTEが読むのを静かに聞いていた。
  • 転入生の2年生の男子は不安げにしていたので、担任の先生が「良く見ていればいいよ」と授業前に声掛けしてくださっていた。5年生の男子は皆と一緒に活動に参加できていたようである。
  • 6年生の女子2名が、英語の授業後の帰りの時間に作った俳句:
    「英語の 新しいダンス むずかしい」 「久しぶり のだ先生の 授業だよ」
    毎日俳句作りをしているそうだが、特に担任の先生が指定したわけではないのに、二人とも英語について書いたそうだ。それだけ、英語の授業が二人の印象に残ったのだと思います、と HRT が言われた。

【教員研修】 14:45-16:15
  • Warm up  ♪Acca bacca
  • 実習 2学期 9月、10月の授業案にある歌、絵本、アクティビティの紹介と練習
    [実習 1] うたとチャンツ (Songs and Chants 1より)
    ・ Ten Fat Sausages    ・Seven Steps    ・Halloween    ・Ten Little Snowmen
    [実習 2] 絵本  From Head to Toe
    [実習 3] 動作をつけてスポーツチャンツ(小学生は英語が大好き1より)
    BING0 シートを自分たちで作るアイディア
    What sport do you like?  I like _______. を繰り返し聞く、練習する。
    [実習 4] 高学年向きの活動  文字に親しむ/フォニックス指導へとつなげる
    1)Alphabet song  Z-A 逆から歌う、マグネットをつけた文字はいわないでClappingしながら歌う
    空中文字、背中文字通信
    2)発音たいそう  DVDを見ながら発音練習
    3)「DVDでフォニックス」 「小学生のフォニックス」 「みんなでフォニックス」に付いて紹介

【茶話会】
特にフォニックス教材について説明。フォニックスアルファベットのポスター、絵カードの活用方法、児童用テキストの違いなどについて。
来年度のカリキュラムをどうするか、低学年と高学年に分けるべきかどうかなども検討されていた。
中学校の先生のご意見と提案:
「全員で活動する事を勧める。皆でやった方が楽しいでしょう。高学年だって繰り返し同じものを聞き、繰り返し練習することで、これだけは自信持って言える、と言うものを小学校の間に築いてあげるといいのではないのか。
英会話たいそうのこの96表現をマスターしたら、何にでも使えるよ。テキストを使った文字指導などは高学年だけで、別に少しだけ入れてあげたらどうか。小学校の間にはできるだけたくさん耳から、音声として聞かせてあげるといい。この授業案はとても中身の濃いものである。大事な要素がたくさん詰まっている。又毎回同じ流れにそって活動しているので、子どもたちも戸惑うことなく授業についてきている。だからこそ、小学校では英語だけでも授業ができるのだと思う」
と、MPIとして伝えたい事をそっくりそのまま代弁してくださった。小学校英語活動の意義、目標をこのように明確に理解してくださっている中学校の先生がしっかりと小学校の先生方をサポートされているのは、この上なく心強いことである。この利島小学校での小中連携の英語教育の実現を期待したい。
熱心なお二人の先生と英語教育談義をしている内に時間の経過も忘れ、気が付くとあたりはすっかり暗くなっていた。研修で使った荷物をまとめ、上履きを玄関で脱いで、「明日また伺いますので、明日まで置いておいてもよろしいでしょうか?」と聞いたら、先生が「ずっと置いておいていいですよ」、と言われた。
いや、そういう訳にも行かないのですが・・・・・。


*************************************************************************************

9月11日(火)
【授業参観】
8:50-9:35 授業者:HRT2名によるTT  1名が司会進行役 1名がオーディオ係り
  • HRT:Hi! How’re you doing?  児童:Hi! Pretty good.
    ♪Hello song
    HRT:What’s the weather like today? 児童:It's sunny today.
  • #17 ♪Coconut song (Songs and Chants 1より)
    C o c o n u t の7枚のポスターを黒板に貼る
    CDに合わせて指で文字を作り歌う
    CDに合わせて体で文字を作り歌う
  • #10 ♪Acca bacca(I like coffee、I like tea より)
    円になり、CDに合わせて、体でリズムを感じながら歌えるところから歌う ×2回
  • 英会話たいそう
    #7 DVDを静かに見る
    DVDを見ながら歌って踊る   Practice timeで発音、ジェスチャー練習
    絵カードでジェスチャー/表現練習、ジェスチャーあて、表現あて
  • 絵本 From Head to Toe
    CD#1を聞く T1が絵本を見せる係り
    T2 がCDに合わせて動物のジェスチャーを見せる係り
  • 動作をつけてスポーツチャンツ (小学生は英語が大好き1より)
    CD#25 を静かに座って聞く  T1がCDにあわせてジェスチャーをする  T2が絵カードを貼る
    CDを聞きながら、全員で動作をする
    T1がタンバリンでリズムを取りながら、CD以外のスポーツもいれて、チャンツを言う  児童がリピート
    ジェスチャーあてゲーム  数人が交代で一人ずつ前に出てジェスチャーをする 皆であてる
  • ♪Good-bye song

【授業についてのアドバイス、コメント】 10:25-10:45
◆良かった点
  • 子どもたちは、静かに見る、元気に声を出して練習する、のけじめがきちんとできている。
  • ♪Acca bacca のCDが鳴り出すと、子どもたちの表情がパッと一段と明るくなった。周りにいた先生方も円に加わり、子どもたちと一緒に楽しそうに参加されていた。
  • 英会話たいそうのPractice timeを見ながら、マイケルのジェスチャー、イントネーションをそのとおりに真似て大きな声でしっかりと練習できていた。
  • DVDに合わせて踊る時にも前日よりしっかりと声に出して歌っている児童が多かった。
    What time is it? の時の足を開いたり、閉じたりの振りを先生達がちゃんとしているかを振り返って確認しながら、子どもたちは皆大いに楽しんでいた。最後の馬とびの場面もジャンケンしながら、再現していた。
  • ジェスチャー練習の時にも、You can use this one.と口ずさんでいる声が聞こえてきた。
  • T1 の先生は簡単な指示語だけを使い、英語だけでテンポよくスムーズに授業を進めていた。
  • T2の先生はテキパキとDVD,CDを掛けたり、絵本From Head to Toeの動物のジェスチャーでは大活躍されていた。子どもたちも先生の絵本そっくりの上手なジェスチャーを心から楽しんでいる様子だった。
  • 二人の先生の役割分担がはっきりとしていて、授業の進め方がスムーズであった。
  • 周りで参観されていた中学校の英語科の先生はじめ、他の先生方も子どもたちと一緒になって英語を口ずさみ、活動に参加されて、雰囲気を盛り上げていた。

◆改善点についての提案
  • ♪Acca bacca は当たった人が円の中に次々入っていく以外に、一人のオニを決めて、当たった人が座っていき、最後に残った人がチャンピオン!という方法もある。
  • ジャンケンの馬とびの時に、Rock, scissors, paper と言うようにしては。子どもたちは夢中になってしまっているので、思わず日本語のジャンケンになってしまうのだろう。指導者から声掛けして、教えてあげるとよい。
  • 折角上手な英語で授業を進められていたので、「せーの」ではなく、「One, two」のかけ声で始めては。 最初は意識して言うようにしないといけないが、慣れてくれば、自然と英語が出てくるようになるはず。それが言えるようになれば、より洗練された英語だけの授業となる。
  • 絵本のページをめくるタイミングが少し早かった。CDのピーン!と言う合図に合わせてめくると良い。
  • ジェスチャーあてゲームなどでは、指導者が心掛けて、“That’s right!“と言うようにすれば、子どもたちもそれを聞いて、自然と真似して言うようになる。
  • 英会話たいそうの表現を日常の実際の場面で指導者が使うように心掛けていけば、だんだんと子どもたちも自分の言葉として使えるようになっていく。
  • 子どもたちが英語を使っている場面があれば、是非ほめてあげて欲しい。11月にALTが来校する時が絶好のチャンスである。

*************************************************************************************

授業が終わる頃には、朝から降っていた雨も上がり、空はすっきりと晴れて、当然予定通り利島12:05発のヘリコプターで帰れるものと思っていたら、「八丈島上空の天候不良のためヘリは欠航します」の知らせが聞こえてきた。急遽、中学校の副校長先生が帰りの大型船サルビア丸の手配、ヘリから大島で乗り継ぐ予定だった全日空の払い戻しのための手続の確認、ヘリの欠航証明書の手配などをしてくださり、何とか無事に帰るめどがたってほっとした。出発まで時間があったので、各学年の授業を参観させていただくことにした。

【授業参観 その2】
<6年生 国語> ことばのアルバム(詩をつくる)  「利島のパンフレットと作ろう>の準備段階
<5年生 家庭科> 調理実習か何かで教室にはいなかったので参観できず
<4年生 社会> 地図記号を読み取ろう   各県の県庁所在地を探す
<4年生 読書> 図書室で学研の英語の絵本読み 1ページ毎に先生が英語で、児童が日本語で読んでいた
<3年生 国語> クラス新聞係りの話
<2年生 生活科> M校庭で畑を耕し直し、古い根っこなどの除去作業
<1年生 音楽>  

*************************************************************************************

12:30利島発の大型船サルビア丸乗船のために桟橋近くで待っていたら、神津島に出島されていた校長先生がその船から下船されてきた。すれ違いざまに、校長先生より 「大変お世話になりました。今年度もよろしくお願いしますね。」 とご丁寧なご挨拶のお言葉を頂いた。乗船して、30分ほどで大島着。
大島で1時間ほど停泊するとのアナウンスがあったので、一度下船することにした。
おみやげ屋さんで「もちもちミルク」と書かれた黄色い箱の文字に引かれて、それを買うことにした。

6時間の航行の末、ようやく夕方の6:15過ぎに竹芝桟橋に到着し、今回の利島小学校訪問を無事終了した。

子どもたちがだんだんと英語の授業にも慣れてきて、楽しそうに英語の歌を歌い、英会話たいそうを踊っている姿を見ることができたのはこの上なくうれしいことでした。昨年はモデル授業を始める時にも、何が起こるのか、と言う不安気な表情の子どもたちでしたが、今年2回目の研修を終え、すっかり英語の授業が学校生活の一部として定着してきていると思いました。授業以外の時間にもすき間インプットとして英語のうたなどを流しているようで、子どもたちが掃除をしながら、英語を口ずさんでいる、とのことでした。先生方もお互いに協力し合って、落ち着いて授業にのぞまれている印象がありました。今年赴任してきたばかりの先生にとっては、新しいことばかりで大変かと思いますが、昨年を経験されてきた先生方の協力で、少しずつですが、利島小学校の英語活動も軌道に乗り始めていると実感しました。
先生方で考えられた学校の現状にあったカリキュラム、豊かな音声教材、定期的な研修、小・中学校の先生方のしっかりとした協力体制、そして校長先生の水面下での統率力という下支えがあることが利島小学校の英語活動の何よりの強みであると思います。
今後の子どもたちの活躍、成長ぶりが楽しみです。