小学校英語ならmpi

小学校英語
小学校英語の現場から
小学校英語に一番近い!
小学校英語・英語教材・指導者資格HOME > 小学校英語 > レポート:小学校英語の現場から > 小学校英語活動報告 21
レポート:小学校英語の現場から タイトル一覧に戻る
   小学校英語サポート
東京都利島村立利島小学校 訪問記1報告日:2007年6月29日(金)
東京都利島村立利島小学校 訪問記1


★ここではMPIの小学校英語活動の理念に賛同いただき、MPIに教員研修等を依頼していただいた主な市町村・学校の情報をご紹介していきます。

※この情報は 東京都利島村立利島小学校の許可を頂いた上で掲載しています。

MPI 講師 野田まゆみ


平成 18 年度から小学校英語活動の研修依頼を頂き、何度か訪問している 伊豆七島の一つで、大島の南に位置する小さな島、利島の利島村立利島小学校から 19 年度も引き続き研修の依頼を頂きました。 昨年 11 月には NHK のテレビにも登場したあの小学校です。

◆ 最初に利島小学校のいくつかの特色をご紹介します。
  • 同じ校舎内に中学校も併設されており、理想的な小中一貫教育が実践されています。
  • 英語教育においても、小学校1年生から中学校3年生までの9年間を見据えた小中連携のカリキュラムを目指しています。
  • 小学校英語活動で大きな課題となっている指導者についても、ここでは中学校の英語科の先生が小学校の英語の授業に出向いたり、年間計画や授業案作り、研修にも参加し、全面的な協力体制が組まれています。小学校の先生方にとっては心強い限りです。英語科の先生だけではなく、中学校の先生方全員が小学校英語活動には協力的で子どもたちの活動を支援、応援していただいているのも他ではなかなか見られないことです。

◆ では、なぜ利島小学校で小学校英語を始めることになったのか?以下が校長先生から伺ったことです。
  • これからの子どもたちには、自分が体験できなかった言語を習得していくと同じ過程の自然な形での英語習得をさせてあげたい。利島の子どもたちが、中学校を卒業後、島外の高等学校等に進学した時にも、英語だけは自信をもてるようにしてあげたい。これから日本の子どもたちが国際社会で活躍するには、英語は絶対必要と思う。
  • 数年後の小学校英語活動が必修になった場合にも、教員には担任として自信を持って英語活動の指導をしてもらいたい。

以上のような校長先生の熱い思いがあって、利島小学校では英語活動を始めることになりました。
19 年度より利島小学校は、文部科学省の「小学校における英語活動等国際理解活動の推進事業」の拠点校の一つになっています。

◆ 今年度は計 6 回の教員研修の依頼を頂きましたが、訪問するのは 3 回。 1 回の訪問で、到着日には MPI 講師によるモデル授業と教員研修、翌日午前に学級担任 2 人の TT による 45 分授業を参観し、授業についてのアドバイスやコメントをする研修です。
島民わずか 300 人、小学校の児童数が 8 名と言う小規模校の学校ですが、学校の先生方が協力し合ってご自分たちで利島小学校独自のカリキュラムを作成し、熱心に英語活動に取り組まれている様子を皆様にお伝えしたいと思います。

18年度の英語活動状況
  • MPI の小学校英語の基本セットを購入英会話たいそう  DVD/CD/ 絵カード、 Songs and Chants CD/ ビデオ、 Brown Bear  絵本 /CD小学生は英語が大好き 1、小学生は英語が大好き  2 、 先生、英語やろうよ!教室英語ノートなど。
  • 正式な授業としてではなく、時間のある時に歌、英会話たいそう、絵本の CD やビデオを視聴するインプット活動を開始。
  • 教員は次年度に向けて教材研究、カリキュラム作成の準備を始める。
  • 松香洋子が 7 月に地域住民、保護者、教員対象に講演。
  • MPI 講師が 6 月、 10 月、 12 月の 3 回 モデル授業、教員研修を担当。

19年度の英語活動の状況
  • 月に1回45分授業、週2回(火、金)15分授業を全学年合同で行う
  • 月ごとに担当を決めて、2名ずつでTTの授業を行う
  • 11月の文化祭で英語の発表も予定
  • 11月にはALTが2週間訪問する予定
  • MPI担当の研修当日までに何回かメール、電話、faxで英語担当の先生と連絡を取り合う
  • faxで利島小学校からMPIに送っていただいた資料:
    英語活動年間計画、実施日程表、教材一覧 (MPI教材、絵カード、CD付絵本など)、6月の英語活動学習課程(全7回 つかむ→高める→まとめる)、6月の具体的な指導案