小学校英語ならmpi

小学校英語 小学校英語
mpiの提案する小学校英語活動
小学校英語を民間でサポートする mpiの教材 小学校・中学校の先生方へ
2011年4月より全国の公立小学校で外国語活動が必修になりました

・HRT(学級担任)とJTE, ALTが上手に小学校外国語活動を進めていくには?

・日本人の指導員(JTE)が小学校外国語活動の現場でどのように活躍している?

‐HRT(学級担任)とJTE, ALTが上手に小学校外国語活動を進めていくには?
小学校外国語活動は、活動に関わっている指導者達が明確に役割分担をし、その役目を果たすことが成功の鍵になります。
HRTは小学生を指導する専門家ですから、大人数の子ども達を同時に活動させることが上手で、また学級の子ども達の様子を、一番よく知っています。
他方、JTEやALTは外国語を話したり、外国文化を伝えたりすることができます。
どちらか一方がすべての役割を担うのは負担が大きく、難しいことでもあります。
事前にお互いの役割を確認し合い、授業の中でもお互いに声を掛け合って活動を進めていくことが望ましいでしょう。
‐日本人の指導員(JTE)が小学校外国語活動の現場でどのように活躍している?
JTEの主な仕事は、英語を使って活動の進行を助けたり、英語の言い方・発音のお手本を聞かせたり、子ども達と活動中にやりとりしたりすることです。
活動のアイデアを提案し、HRTと一緒に授業案を作ったり、絵カードや教具の準備をしたりすることもあります。仕事内容は自治体や学校によって違います。
JTEが授業に入ることで、HRTは児童が活動の進め方がわからない時に日本語で確認することも可能となり、2人で指導することで、臨機応変に活動内容を調整することができます。
また、日本人(HRT)が外国人とコミュニケーションを取っている姿を見せることで、子ども達に目標を持たせることができます。
このようにJTEは、ALTとは少々違った役割をも担うこととなり、外国語活動の現場で活躍しています。

mpiの提案する小学校外国語(英語)活動について詳しくはこちら

小学校外国語活動
新教材「Hi,Friends!」
授業モデルプラン
小学校英語の現場から
小学校英語研修
小学校英語メルマガ登録
教育現場での研修・講演実績
 
保護者向け 指導者向け