子供の英語教材、教室。子供や幼児のために、質の高い英語教材の開発・販売や、mpiメソッドで指導する英語教室など「英語のできる15歳」を育てています。

mpi会員制度について
英語教材、英語教室(子供向け)HOME > mpiについて > mpi会員制度について > mpiパートナー制度規約

第1条(目的)
mpiパートナー制度(以下「本制度」という。)は、株式会社mpi 松香フォニックス(以下「mpi」という。)の英語教育カリキュラム及び教材を使用し普及させることによって日本の英語教育の向上に貢献することを目的とする。そのためにmpiはmpiの教育理念を理解する優れた実践者、教師等をその会員として広く募り、会員同士の研修、情報交換及び親睦を促進するための企画を実施し、英語の話せる人材の育成という共通の目標に向かって教育活動を実践していけるよう会員をサポートするものである。

第2条(定義)
このmpiパートナー制度規約(以下「本規約」という。)において、以下の語は、それぞれ以下に掲げる意味を有する。
(1) 「mpiパートナー制度」とは、本規約第1条に定める本制度をいう。
(2) 「パートナー会員」とは、本規約第1条に定める目的に賛同し、mpiパートナー制度に会員として登録された者をいう。
(3) 「中級認定取得者」とは、mpiの実施する中級認定試験に合格し、認定手続きを終了した者をいう。
(4) 「mpi イングリッシュ スクールズ」とは、パートナー会員がその英語教育を行うために運営する教室、学校(学校法人を含む。)又はそれらと同等のものをいう。

第3条(事務局)
本制度の事務局は、株式会社mpi 松香フォニックス内に置くものとし、その連絡先は以下のとおりである。
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-16-2 電話番号 03-5302-1651

第4条(会員登録)
4.1 パートナー会員として登録される者は、2005年2月1日以降に実施されるmpi認定中級試験に合格した中級認定取得者であることを要する。
4.2 前項に定める中級認定取得者は、認定取得時より3年間、いつでもパートナー会員として登録を申請する権利を有し、認定取得時より3年を経過した時点でかかる権利は失効する。
4.3 本条に定める登録申請資格の要件を満たす者で、パートナー会員としての登録を希望する者は、mpi所定の登録申込書に必要事項を記入のうえ写真を貼付の上、mpiに提出し、本規約第6条に定める会費を納入するものとする。
4.4 mpiが前項に定める登録申込書の受領及び会費の入金を確認した日をもって、登録申請を行った者はパートナー会員として登録されるものとする。mpiは、当該パートナー会員に対して、会員登録日を明記した認定証を発行する。

第5条(年度)
本制度の年度は、毎年1月1日から同年12月31日までとする。

第6条(会費)
6.1 パートナー会員の会費は年間20,000円+税とする。但し、mpiの他の会員制度における会員からパートナー会員に移行する者が、パートナー会員として登録される年度において既に当該会員制度の年会費を納入済みである場合は、初年度の会費は、その納入済みの年会費の金額と20,000円+税の差額とする。
6.2 mpiに対していったん納入された年会費については、理由の如何を問わず、mpiは返還の義務を負わないものとする。

第7条(パートナー会員の義務及び特典)
7.1 パートナー会員は、原則として、「mpi 9年間カリキュラム」に則ってmpiイングリッシュスクールズにおける英語教育を行うものとする。
7.2 パートナー会員は、前条に定める英語教育の実践にあたっては、原則として、mpi以外の教材を使わないものとする。
7.3 パートナー会員は、mpiの開催するセミナーを少なくとも年に1回受講するものとし、また、常に指導力の向上に努めるものとする。
7.4 パートナー会員は、割引価格による教材の購入、mpiの主催するイベントやセミナーへの無料参加など、随時mpiが提供する特典を受けることができる。尚、mpiは、その判断において、パートナー会員に与える特典の内容や実施方法の全部又は一部を予告なく変更又は追加することができる。
7.5 パートナー会員は、所定の利用料を継続して支払うことにより、mpiホームページサービスを利用することができる。

第8条(権利の帰属)
8.1 mpiより提供されるカリキュラム、教材、その他の素材の著作権及びその他の権利は、mpiとパートナー会員の間においては、すべてmpiに帰属するものとする。
8.2 パートナー会員は、本制度を利用してmpiより取得した情報、知識等を、mpiの事前の書面による許可なくmpiイングリッシュスクールズ運営以外の目的に使用してはならないものとする。
8.3 パートナー会員は特典として受け取ったり又は購入できるパートナー専用の著作物をパートナー会員以外に提供してはならないものとする。

第9条(mpiの責任)
9.1 mpiは、英語教育の成果、指導者若しくは教育者としての能力向上、英語学習者の英語力の向上、又は、本制度の実施によるその他の結果について、いかなる保証をも行わず、また、いかなる責任も負わないものとする。
9.2 mpiは、パートナーが運営するmpiイングリッシュ スクールズの開始、運営、経営などに関する事項については、一切責任を負わないものとする。

第10条(継続)
パートナー会員登録の継続は、本規約第6条に定める年会費の納入をもって、継続されるものとする。ただし登録内容に変更が生じたときは、登録変更届の提出をするものとする。

第11条(退会)
パートナー会員は、mpiに書面で通知することにより、いつでも本制度から退会することができる。

第12条(休会)
パートナー会員は、mpiに書面で通知することにより、原則1年間本制度を休会することができる。休会期間中は、年会費の納入を要しない。休会した会員が復帰を希望する場合は無条件にてパートナー会員へ再登録することができる。

第13条(再登録)
パートナー会員制度を退会した会員が復帰を希望する場合はその年度のセミナーの履修や再試験等の要件を満たすことによりいつでもパートナー会員へ再登録することができる。

第14条(会員登録の取消し)
パートナー会員が以下のいずれかに該当するとmpiが判断する場合には、mpiはいつでもそのパートナー会員としての登録を取り消すことができる。
(1)mpiの定める期日までに年会費を含む代金等を納入しない場合。
(2)他のパートナー会員、第三者若しくはmpiの財産、信用、名誉若しくはプライバシーを侵害する行為を行った場合、又は、そのおそれのある行為を行った場合。
(3)本規約のいずれかの規定に違反し、mpiによる催告にも関わらずこれを是正しない場合。
(4)英語教育の実践(mpi イングリッシュスクールズの運営を含むがこれに限定されない。)又はその他の活動(第三者との取引又はその他の活動を含む。)において、本制度に参加する会員としてふさわしくない行為があったと判断される場合。
(5)法令への違反又は公序良俗に反する行為を行った場合。

第15条(規約の変更)
本制度又は本規約は、本制度の更なる向上と改善のため、パートナー会員への事前の予告なく変更又は修正されることがある。

2004年 12月  5日 施行
2007年  2月  1日 改訂
2007年  8月  1日 改訂
2008年 12月 20日 改訂
2009年 12月 31日 改訂
2011年  9月  1日 改定
2014年  1月  1日 改訂